Linuxチャンス


■ Linuxをはじめる絶好のこのチャンスを逃さないために ■

Linuxがすばらしいと騒がれたのが、約3年前の2000年。
そして、最近になり大手ベンダーが次々とこの新分野へ進出しています。

たとえばNECは、サーバーにLinuxプリインストールモデルを追加し、積極的に
パソコンのLinux動作レポートを報告しています。

東芝に関しては、普通のパソコンにLinuxのインストールを代行するという
サービスまでしています。

それに伴って、一般企業の基幹業務にもLinuxが導入される事例が増えてきています。

あるアンケートによると、「すでにLinuxを導入済み」と答えた企業が25%を超え、
「これから導入予定」と答えた企業は5%という回答結果でした。両方をあわせると
30%を超える企業がLinuxを導入している、または、導入予定ということになります。

そして、「興味がある」と答えた企業は、なんと40%を超え、確実にLinuxに関心が集
まっていることが伺えます。

しかも、注目して欲しいのは、この数字が2002年時点での数字だということです。

時が1年以上経過している現在、この傾向がますます進行していることは
最近のニュースなどをみれば、簡単に予想が付きます。


さらに、最近の一番新しい話題では、2003年のLinuxの売り上げ高が前年比37.5%増
の26億円に急成長したとする調査結果が発表されました。
一方、マイクロソフトのウィンドウズを含む国内OS市場は、同0.5%増の3210億円
と、わずかな伸びとなりました。

市場規模はまだ小さいですが、前年比率はものすごい勢いで伸びています。
この伸びは今後数年は衰えることはないでしょう。
2年後、3年後の市場規模がどうなっているかがとても楽しみですね。


ではなぜ、こんなにLinuxが注目されるのでしょう。
それには、ちゃんとした理由があります。

1.初期の導入コストが少なくて済む
2.新技術に触れてみたい
3.OSが他のものと比べて優れている

どれも、導入に積極的な理由であることが納得できると思います。


メリットが大きいから使う。当たり前のことですね。


今後、Linux市場が遥かな可能性を秘めていると言われるのも納得です。

しかし、いくらLinuxが有名になったとはいえ、まだ一人歩きし始めたばかり
まだ、多くの問題を抱えています。

IT業界というのは、技術革新のスピードがドックイヤーと言われるほど
加速し続けています。そのスピードは毎年早くなっているとさえ言われています。


ですが、その技術を使うのは人間です。


技術進歩のスピードに、システムエンジニアのスキルが追いついていけない
という現実があります。

Linuxもこの例外ではなく、技術者不足が深刻になっています。


まだ、IT業界としては、「はじまりの段階」なのです。

聞くところによると、有名なLinuxスクールに通っている人たちは、Windows
サーバーの管理者だったり、現役のプログラマーだったりするそうです。
次を見据えている人たちは既に行動しているということでしょうか。


何が言いたいかというと、Linuxに対するスキルをいま身につける事ができれば、

それは、あなたとって大きな可能性を秘めたオンリーワンのスキル

になるということです。

極端な話、いまLinuxのスキルをアップしたら、初心者のあなたもリーダー的な立場で仕事ができるかもし
れません。だって、Linuxスクールに通っている人たちは現役のWindowsサーバーの管理者
や、現役のプログラマーだったりするのですから、そうゆう人たちと対等に渡り合えるチャンスがいまあるのですから。



どうです?ワクワクしませんか?
自分がLinuxのスキルで他の人たちよりスキルが上だなんて(笑)
しかも、みんなあなたを頼りにしますよ。


ただ、そうなる為には、いますぐ行動に移す必要があります。
さっきも言いましたが、最近の技術革新スピードはものすごく早いんです。


まだ、Linuxが認知されはじめた段階だといっても、それがあと数年の
うちに終わりが来るのは確実です。


以前、Javaというプログラム言語がはじめて紹介されたとき、誰がこんなに
有名になると思ったでしょう。

当時としては、

「へえ、マルチプラットフォームってやつでマックでも、Windowsでも動くんだ」

という印象しかありませんでした。

しかし、いまは多くの商用ホームページや携帯電話、企業の基幹業務システムに
組み込まれ、Javaができることが必須になっているIT現場さえあります。

もしかしたら、そんなあなたもJavaの時は乗り遅れたのではないですか?

「あの時やっておけば良かった」

なんていまさら言っても遅いですよ。

いま「Javaができます。」といっても、まずだれも驚いてくれません。
しかも、そうゆうことを言うとあなたの実績を聞かれます。

「いままで、行なってきた開発業務は?」
「月に何本のプログラムをJavaでつくりました?」
「こうゆう方面の開発について、突っ込んだ解釈はできる?」

話の前提は、すでにJavaについて開発経験があるということになっています。

これが1996年、97年なら、

「Javaってどうゆうもの?」

ってあなたが説明しなければならない状態だってでしょうね(笑)

この差わかりますよね?

たった数年で、こんなに状況が変わっているんです。

じゃあ、Linuxはどうかというと、、、、

かろうじて後者です。

Linuxはどうゆうものかというイメージはあるけど、実際何ができて
どんなメリットがあるのかということを知っている人はあまりいません。

このサイトに訪れているあなたは幸運だと思います。
だって、Linuxについては、いま行動すれば、Javaの時のように乗り遅れるなんてことは
ないのですから・・・。


これだけは、言わせてください。

「Javaのように認知されたときでは、Linuxのスキルを身につけても遅い!」

ということです。


いま、「Windowsを使いこなせるぞ」といっても誰も驚かないですよね?

でも、これが1995年くらいだったら、「すごい!」ってみんなに言われ
崇められたでしょう(笑)


Linuxの1995年がいまなのです!


これから数年のうちに多くの人がWindowsだけではない、他のOSを選択する
ようになります。

いま、行動を起こしたあなたは、そのときどうなっているでしょう。
ものすごいスキルを身に付けていると思いませんか?

『だから、いまからはじめて、Linuxを使えるようになりませんか?』


「UNIX/Linuxコマンド Topics」は

●Linuxをはじめたい!
●Linuxを知りたい!
●Linuxを使いこなしたい!
●Linuxのスキルを本気で身につけたい!
●Linuxの仕事に就きたい!

という、本気の気持ちで行動を起こすあなたをは応援します。

本気モードのあなたはこのサイトにあるコンテンツを大いに利用してください。
あなたの為にあるコンテンツです。

もう、あなたは大丈夫ですよ。
一度決心したココロは揺るぎません。


そう、何もしらなかった私と同じように、、、、