miyazakitom TwitterTwitterやってます
はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
この記事をクリップ!
atom:
RSS:

■CentOS6.3サーバー構築マニュアルを無料プレゼント

  CenOS6.3のサーバー構築手順、VMware Player4の
  ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
  無料でプレゼントしています。


  詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
  CentOS6.3サーバー構築マニュアルを期間限定プレゼント



UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトLinuxコマンド, LinuxコマンドU-Z, ユーザ・グループ管理コマンド > 011.umaskコマンド 使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する

011.umaskコマンド 使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する

プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

スポンサードリンク

使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する

■-- 文法 --■

umask (マスク)

     例)
       umask▲022
       新規に作成するファイルやディレクトリのアクセス権限の初期値を変更する
※▲はスペースを表してます。

■ オプション

マスク 新しくファイルを作成すると普通、権限は「644」(-rw-r--r--)になる、しかしこのマスクで値を変更するとファイルやディレクトリを新しく作成した場合の初期のアクセス権限を変更することができる

■ 実行例

-----------------------------------------------------------------
$ touch test.txt  ←「test.txt」ファイルをつくる

$ ls -l       ←「test.txt」ファイルの詳細情報を表示する
total 0
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 0 Oct 8 01:38 test.txt
↑アクセス権限が「rw-r--r--(644)」で設定されている

$ umask 002     ←アクセス権限の初期値を変更する

$ touch test2.txt  ←「test2.txt」ファイルをつくる
$ ls -l
total 0
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 0 Oct 8 01:38 test.txt
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 0 Oct 8 01:39 test2.txt
↑「test2.txt」ファイルのアクセス権限が「rw-rw-r--(664)」で設定されている


※「touch」コマンドは空ファイルを作るときに使うコマンドです。
  詳しいことは今後、ご紹介する予定です。

-----------------------------------------------------------------
viやtouchコマンドなどで、ファイルを作成すると、そのファイルのアクセス
権限は普通『644』になります。

 ◆「644」の意味は、所有者、つまりあなたは、そのファイルに「読みこみ」、「書き込み」ができますが、それ以外のグループユーザやその他のユーザは、「読みこみ」しかできない状態です。

アクセス権限については、こちらをご覧ください
 「chmod コマンド


「umask」コマンドは、ファイルが作られたときの初期アクセス権限を変更します。 umaskで指定する値は『 禁止 』したい権限を指定します。

ファイル作成時に与えられる最大の権限は「666」までの、「読みこみ」、「書き込み」権限だけです。実行権限はありません。


上の例だと、umaskコマンドで設定した値「002」は「666」からを引いた値の結果「664」をファイル作成時に設定されるアクセス権限にしています。

 ◆これは、所有者とグループユーザのみ読みこみ、書き込みができて、その他のユーザーは読みこみしかできない権限です。


簡単にいうと、「666」からumaskコマンドで設定した値を引いた結果が、初期アクセス権限になります。

ちなみに、ディレクトリは初期権限が「755」で、最大「777」の全権限を設定できます。

ファイル作成時にアクセス権限が「644」に設定されるのは、もしファイルのアクセス権限が「666」なら、誰でも読み書きが出来てしまいます。
それは、セキュリティ上好ましくないので、初期値として「umask 022」が設定されているようです。

◆また、値を設定しないで「umask」コマンドのみで、実行すると、現在umaskコマンドで設定されている値が表示されます。

-----------------------------------------------------------------
$ umask   ←「umask」コマンドを実行する
022     ←「マスク値」が「022」なのが確認できます
-----------------------------------------------------------------

■CentOS6.3サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 CenOS6.3のサーバー構築手順、VMware Player4の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 CentOS6.3サーバー構築マニュアルを期間限定プレゼント


スポンサードリンク





Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる

Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる!!

UNIX/Linuxコマンド Topicsでは初心者からでも気軽にLinux(リナックス)を、はじめられる方法を紹介しています。このサイトのいちばんの目的は、あなたにLinux(リナックス)を、はじめてもらうことです。 興味があるならサーバー構築してみてください。

このサイトについて、、、。まずは私の想いをしってください。あなたに一番最初に読んで欲しい

このサイトについてこちらをクリックしてください。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.
<>