UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > ユーザ・グループ管理コマンド

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

ユーザ・グループ管理コマンド

スポンサードリンク

011.umaskコマンド 使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する

使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する

■-- 文法 --■

umask (マスク)

     例)
       umask▲022
       新規に作成するファイルやディレクトリのアクセス権限の初期値を変更する
※▲はスペースを表してます。

039.idコマンド ユーザー名やID、グループを確認する

ユーザー名やID、グループを確認する

■-- 文法 --■

id (オプション) (ユーザー)

     例)
     id▲pakira
     ユーザID、グループID、グループを表示する
       ※▲はスペースを表してます。

040.groupsコマンド ユーザがどのグループに所属しているか表示する

ユーザがどのグループに所属しているか表示する

■-- 文法 --■

groups (ユーザー)

     例)
     groups▲pakira
     グループを表示する
       ※▲はスペースを表してます。

085.useraddコマンド 新しいユーザを追加する

新しいユーザを追加する

■-- 文法 --■

useradd▲ユーザ名

   例)
     useradd▲miyazaki
     新しいユーザを追加する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
useraddコマンドは新規にユーザを追加する場合に使用します。

ユーザが追加されると、/homeディレクトリ配下に指定したユーザ名のディレクトリが作成され、そのディレクトリが追加されたユーザのホームディレクトリになります。

また、それらの情報は/etc/passwdファイルに格納され、グループについての情報は/etc/groupファイルに格納されます。コマンドを実行する際には、引数としてユーザ名を指定して実行します。

086.userdelコマンド

ユーザを削除する

■-- 文法 --■

userdel▲ユーザ名

   例)
     userdel▲miyazaki
     ユーザを削除する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
userdelコマンドは、既存のユーザを削除するコマンドです。

ユーザを削除する場合に、オプションを指定しないでユーザ削除してしまうと、ユーザのホームディレクトリが残ったままになってしまいますので注意が必要です。(ホームディレクトリが残ると、余分なディスクスペースを使用してしまいます)

087.usermod コマンド ユーザの設定を変更する

ユーザの設定を変更する

■-- 文法 --■

usermod▲ユーザ名

   例)
     usermod▲miyazaki
     ユーザの設定を変更する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
usermodコマンドはユーザの設定を変更する場合に使用します。

たとえば、ユーザIDの有効期限を変更したり、ホームディレクトりを変更する場合などです。変更するユーザがログイン中は、設定の変更をすることができませんので、注意が必要です。コマンドを実行する際には、usermodコマンドの引数として、ユーザを指定します。

088.groupaddコマンド グループを追加する

グループを追加する

■-- 文法 --■

groupadd▲(オプション)▲グループ名

   例)
     groupadd▲linuxuser
     グループを追加する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
groupaddコマンドは新規にグループを追加する際に使用します。通常、新規にユーザを追加した際にはユーザ名と同じ名前でグループも作成されます。(これをユーザプライベートグループといいます)

また、グループIDの500未満はLinuxシステムであらかじめ使用されている為、グループを追加した際は、500以上で使用されていないIDが順番に割り振られます。ちなみにグループ情報は/etc/groupファイルに格納されています。

コマンドを実行する際には、引数として追加するグループ名を指定します。

089.groupdelコマンド グループを削除する

グループを削除する

■-- 文法 --■

groupdel▲グループ名

   例)
     groupdel▲linuxuser
     グループを削除する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
groupdelコマンドは既存のグループを削除する場合に利用します。

グループ情報は/etc/groupに格納されているので、削除した場合このファイルから情報が削除されます。
コマンドを実行する場合には、引数として削除するグループ名を指定します。

090.groupmodコマンド グループの設定を変更する

グループの設定を変更する

■-- 文法 --■

groupmod▲(オプション)▲グループ名

   例)
     groupmod▲linuxuser
     グループの設定を変更する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
groupmodコマンドはグループ作成後にグループ情報を変更する場合に使用します。

ただし、グループ情報を保持したファイルなどはこのコマンドでグループ情報を変更した場合に変更対象になりませんので、注意が必要です。
このコマンドを実行する際には、引数としてグループ名を指定します。

091.whoコマンド 誰がログインしているか表示する

誰がログインしているか表示する

■-- 文法 --■

who▲(オプション)

   例)
     who
     誰がログインしているか表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
whoコマンドは現在ログインしているユーザの一覧を表示します。

使用例としては、サーバーをシャットダウンする際などに使用する場合が多いです。
サーバーを運用すると、多くのユーザがサーバーへログインし作業を行います。そのような状態でサーバーをいきなりシャットダウンしてしまうと、ユーザが更新中のデータが損失するなどの問題が発生してしまいますので、シャットダウン前にはwhoコマンドでログイン中のユーザがいないか確認をする必要があります。表示する情報項目としては下記の内容を表示します。

・ログイン名
・ログインしている端末名
・ログイン時刻
・リモートホスト名、またはX WindowのディスプレイID

092.wコマンド 誰がログインしているか表示する

誰がログインしているか表示する

■-- 文法 --■

w▲(オプション)▲ユーザ名

   例)
     w
     誰がログインしているか表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
wコマンドはwhoコマンドと同じくログイン中のユーザ情報を表示しますが、whoコマンドより詳しい情報を表示します。
表示する情報はwhoコマンド表示する項目に加えて、下記の内容を表示します。

・システム情報(稼動時間、ログインユーザ数、負荷)
・IDEL時間(操作していない時間)
・JCPU(その端末がCPUを使用した時間)
・PCPU(WHATに表示されているプロセスがCPUを使用した時間)
・WHAT(ユーザが実行中のプロセス)

093.passwdコマンド パスワードを変更する

パスワードを変更する

■-- 文法 --■

passwd▲ユーザ名

   例)
     passwd▲pakira
     パスワードを変更す
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
passwdコマンドは、ログインするときのパスワードを設定、変更する為のコマンドです。一般ユーザは自分自身のパスワードしか変更することができませんが、スーパーユーザ(root)はすべてのユーザのパスワードを設定、変更することができます。

passwdコマンドを実行する際には、引数に変更したいユーザ名を指定して実行することでパスワードの設定、変更することができます。

一般ユーザ、スーパーユーザが自身のパスワードを変更する場合にはユーザ名を指定する必要ありません。

093.whoamiコマンド 現在のユーザーを確認する

現在のユーザーを確認する

■-- 文法 --■

whoami

   例)
     whoami
     現在のユーザーを確認する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
whoamiコマンドは、現在使用中のユーザIDのユーザ名を表示します。

主な使い方としては、ログイン後にsuコマンドで、ユーザーを頻繁の変更し現在使用しているユーザがわからなくなってしまった場合などに使用します。コマンドを実行する際は、特に引数などを指定する必要はありません。

094.suコマンド ユーザを切り替える

ユーザを切り替える

■-- 文法 --■

su ▲(-)▲ユーザ名

   例)
     su▲tomohiro
     ユーザを切り替える
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
suコマンドはユーザを切り替える場合に使用するコマンドです。
使用方法としては、suコマンドの引数として、切り替えたいユーザ名を指定して実行します。

また、ユーザ名を指定しないで実行した場合には、スーパーユーザへの切り替えになります。もとのユーザに戻る場合にはexitと入力するか、「Ctrl」+「D」で戻れます。
ちなみに、suとは『Switch User』の略です。

124.fingerコマンド ユーザの個人情報を表示する

ユーザの個人情報を表示する

■-- 文法 --■

finger▲ユーザ名

   例)
     finger▲ユーザ名
     ユーザの個人情報を表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
fingerコマンドは、システム内のユーザ情報を表示します。引数として、ユーザ名を指定すると、そのユーザの情報が表示されます。
また、「ユーザ名@ホスト名」、「@ホスト」と指定すると、指定したホスト内のユーザ情報も確認することができます。

125.chfnコマンド ユーザの氏名や情報を変更する

ユーザの氏名や情報を変更する

■-- 文法 --■

chfn▲(オプション) ▲ユーザ名

   例)
     chfn▲(オプション) ▲ユーザ名
     ユーザの氏名や情報を変更する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
chfnコマンドは、/etc/passwdに登録されているユーザ情報を変更します。ここで変更された情報はfingerコマンドなどで利用されます。
Chfnコマンドでは以下の項目を設定することができます。

・ユーザのフルネーム
・会社名、部屋番号
・オフィス番号
・自宅電話番号
・その他

一般ユーザは自分の情報のみ変更することができ、rootはすべてのユーザ情報を変更することができます。

127.vipwコマンド パスワードファイルを編集する

パスワードファイルを編集する

■-- 文法 --■

vipw

   例)
    vipw
     パスワードファイルを編集する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
vipwコマンドは、/etc/passwdファイルを直接編集します。このコマンドを実行すると、/etc/passwdファイルがオープンし、環境変数EDITORで指定したエディッタでの編集ができるようになります。
このコマンドを実行できるは、スーパーユーザのみです。
/etc/passwdファイルを編集する場合、直接viなどのエディッタで編集するようなことはしないでください。
vipwコマンドは/etc/passwdファイルが編集中に、他のユーザが編集ができないように/etc/passwdファイルをロックします。
これは、/etc/passwdファイルを編集中に他の人が勝手に編集できないよういに考慮がされているためです。viで直接編集すると、編集中に他の人がファイルを変更してしまい、パスワードファイルがこわれてしまう可能性があります。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.