0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議

プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【初級編】

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

スポンサードリンク

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回はアナログ通信との違いを整理し、それぞれのサービスの実例を見てみよう。また、両者を変換する符号化・復号化技術についてパルス符号変調技術や音声・映像圧縮符号化方式を中心に詳しく学ぶ。そして、これらの技術を用いた代表例であるビデオ会議システムの構成と仕組みをMCUやH.323をキーワードに解説する。

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議とは

アナログとデジタルの相違点
前回の「ビットの正体を探る! IA-64サーバー」では、デジタル通信への入門知識として、ビットについて学んでいただいた。今回はこれを踏まえ、デジタルの概念について見ていくことにしたい。そもそもデジタルとは、何であろうか。これについては、アナログと対比してご理解いただくのが最も分かりやすいと思う。
アナログとは、電流や電圧など連続的に変化する物理量を形容する言葉と定義づけられる。少し難しい表現だが、これを生活に密着して考えてみると、イメージしやすい。例えば、カラオケで熱唱するみなさんの歌の音程をグラフに表示することをイメージしていただきたい。歌によっても異なるが、音程は常に変動するため、ちょうど山波のようなラインが描かれるだろう。これらの動きは、連続的に変動していく情報であるため、1つ2つと数えることはしないが、その断片自体は、ある時点の音程として意味を持つはずである。このような連続量(continuous quantity)的な情報のことをアナログ(analog)と呼ぶ。
一方、デジタルとは、難しい言葉を用いるならば離散量(discrete quantity)的な情報ということができる。デジタル(digital)とは、時間的に不連続なデータであり、よってその断片自体は、データの1つの要素としての意味しか持たない。また、デジタルの場合、連続的に値が変動するのではなく、一定の値のみで表現される。

例えば、小学校での理科の実験のごとく、豆電球、電池、スイッチを配線し、スイッチを入れたり切ったりすることにより、豆電球を点滅させる回路を作成し、これをある店の営業中であるか否かのサインに用いたとしよう。

この場合、そこには店の「Open」「Close」という2つの状態が存在することになるが、「Open」状態における電流量自体は、情報としての意味をなさない。デジタルでは、不連続な情報を、“0”ないし“1”というデータとして認識することにのみ意味がある。

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

■CentOSサーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 CenOSのサーバー構築手順、VMware Playerの
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 CentOSサーバー構築無料マニュアル


スポンサードリンク





Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる

Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる!!

UNIX/Linuxコマンド Topicsでは初心者からでも気軽にLinux(リナックス)を、はじめられる方法を紹介しています。このサイトのいちばんの目的は、あなたにLinux(リナックス)を、はじめてもらうことです。 興味があるならサーバー構築してみてください。

このサイトについて、、、。まずは私の想いを知ってください。あなたに一番最初に読んで欲しい

このサイトについてこちらをクリックしてください。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.
<>