時刻認証サービス

プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【初級編】

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

スポンサードリンク

時刻認証サービス

時刻認証サービスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

電子文書の新たな認証方法。従来のPKI認証に正確な「時刻」を付加して、より認証精度を高めた仕組みであり、作成された文書についての非改ざん・時刻の証明を通じて「原本性の確保」を行う保存型サービスと、電子商取引などのオンライン取引において「取引記録の原本性」を保証する流通型サービスのものがある。

時刻を取得する方法としては、GPSに積まれたセシウム原子時計のパルスを拾って時刻を合わせる方法と、国際機関からの時刻認証を受けて正確な時刻を認証する方法とがある。前者の場合、GPSには原子時計が積まれ、そこから送信される「GPSタイム」と呼ばれる時刻情報の電波を受信し、自局の時計と比較することでGPSタイムとの時刻差を求めることが可能。

しかし、GPSレシーバーの時刻が正確かどうかの保証はされることがない。後者の場合は、国際機関の認証した時刻になるため、時刻そのものの認証は、PKI同様の民間の認証局がその時刻の保証をしてくれる。両者とも時刻の認証としては有効な手段であり、電子文書そのものをユニークな「時刻」で認証するという方法に変わりはない。しかし、より大規模な国際取引などでは、協定世界時などと絡めた国際機関のお墨付きが必要となるケースも考えられるため、後者の認証方法が有効な手段となる場合がある。

時刻認証サービスとは

具体的な仕組みとして、今回取材にご協力いただいたアマノ株式会社の「e-timing」を見てみよう。Adobe社の「Acrobat5.0.5」にプラグインするソフト「EVIDENCE」をインストールし、タイムスタンプの要求を認証局にかけることで、時刻の入ったデジタルタイムスタンプが埋め込まれる。

これは、電子文書と電子証明書が別立てになるPKIとは違い、実際のPDF内にその時刻認証されたスタンプを埋め込むことで、実際の手間が大幅に軽減される。改ざんされているか否かの検証作業も、そのタイムスタンプをクリックすることで簡単に認証をとることができる。

もちろんHTTPポートの80番を利用するため、特にファイアウオールに引っかかることなく認証申請・検証作業ができる。暗号化については、PKIにも用いられているRSAセキュリティのハッシュ技術を利用する。

時刻認証サービスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

■CentOSサーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 CenOSのサーバー構築手順、VMware Playerの
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 CentOSサーバー構築無料マニュアル


スポンサードリンク





Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる

Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる!!

UNIX/Linuxコマンド Topicsでは初心者からでも気軽にLinux(リナックス)を、はじめられる方法を紹介しています。このサイトのいちばんの目的は、あなたにLinux(リナックス)を、はじめてもらうことです。 興味があるならサーバー構築してみてください。

このサイトについて、、、。まずは私の想いを知ってください。あなたに一番最初に読んで欲しい

このサイトについてこちらをクリックしてください。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.
<>