二次世代へ突入するEAI

プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【初級編】

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

スポンサードリンク

二次世代へ突入するEAI

二次世代へ突入するEAIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業内に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAI(Enterprise Application Integration)は、BPM(Business Process Management)機能の実装やサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応など、進化が著しく非常にキャッチアップが困難な技術の1つである。本稿では、EAIテクノロジーの変遷を振り返りながら、現状と今後を展望する。

二次世代へ突入するEAIとは

企業内の各部門に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAIは、ビジネス環境の変化や技術進化と共に、その実現手段も刻々と変化している。

【メッセージ連携ベースのEAI】
従来から、最も多く使われてきたのは、IBMのWebSphere MQに代表されるMOM(Message Oriented Middleware:メッセージ指向ミドルウエア)を利用し、関連する2つのアプリケーションを1:1の関係で接続する形態である。これは、EAIの最もベーシックな形態であり、少数(2?3)のアプリケーションを連携させるのであれば、それほど問題にはならない。しかし、一定数以上のアプリケーションを連携する場合、接続数が急増し、システムの変更や保守に莫大な労力とコストが必要になる点には注意が必要である。

【ハブ&スポーク型のEAI】
連携対象となるアプリケーション数の増加に対応するため登場したのが、現在主流のEAIツールである、ハブ&スポーク型のインテグレーション・ブローカである。構造としては、アプリケーション間に論理的なハブまたはメッセージ・バスを用意し、各アプリケーションとの接続は専用のアダプタを用意する。MOMの機能に加え、メッセージ変換やインテリジェントルーティングなどの機能を併せ持つ。

二次世代へ突入するEAIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

■CentOSサーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 CenOSのサーバー構築手順、VMware Playerの
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 CentOSサーバー構築無料マニュアル


スポンサードリンク





Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる

Linux初心者のあなたもサーバー管理者になれる!!

UNIX/Linuxコマンド Topicsでは初心者からでも気軽にLinux(リナックス)を、はじめられる方法を紹介しています。このサイトのいちばんの目的は、あなたにLinux(リナックス)を、はじめてもらうことです。 興味があるならサーバー構築してみてください。

このサイトについて、、、。まずは私の想いを知ってください。あなたに一番最初に読んで欲しい

このサイトについてこちらをクリックしてください。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.
<>