UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > Linux用語集1-9 IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux用語集1-9 IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

1Uサーバ

1Uサーバ

1Uサーバのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

筺体のサイズが19インチラックの1区画にちょうど収まるサイズであり、拡張も可能な1Uサーバはサーバルームの有効活用に適した製品で、底堅い需要があり、今後も選択する場面が多くなることが予想される。

、1Uサーバの基礎知識について、主にハードウェアの詳細や管理機能を中心に取り上げる。また低消費電力に対応する最新動向、技術を紹介する。

多くのサーバを保管するデータセンタでは、その集積率を高めるため、19インチラックと呼ばれるキャビネットが使われている。19インチラックはEIA(米国電子工業会)という団体の規格に基づいており、ラック自体の幅は60センチほどだが、中に支柱があり、その支柱に機器を取り付けるようになっている。

その幅が19インチ(約48センチ)であることからその名が付けられている。このラックに積み重ねていく、平たい機器の厚さをユニットという単位で管理し、1ユニット(1U)が44.5ミリ、高さ2メートルほどのラック全体で40Uから42Uほどの機器を取り付けることができるようになっている。

64ビットPCサーバー

64ビットPCサーバー

64ビットPCサーバーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ERP/CRMから動画処理に至るまで、大量データを一括処理しなければならない高度なアプリケーションが、大企業だけでなく中堅企業の間でも次第に普及し始めてきたが、これらのアプリケーションを快適に稼働させていくには、従来の32ビットCPUシステムではメモリー空間やパフォーマンスの面でそろそろ限界に近づきつつある。

そこで、登場したのがEM64TまたはAMD64のCPUを搭載したPC サーバー「64ビットPCサーバー」だ。今回は、EM64TまたはAMD64のCPUと対応ソフトウエアの最新事情を解説しながら、64ビットPCサーバーの特長を紹介する。

10Gbスイッチ

10Gbスイッチ

10Gbスイッチのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

通信において効率的にデータを伝送するには、伝送路を用いた多重化と分離という技術が不可欠である。今回はこれらを踏まえ、周波数分割多重化方式や時分割多重化方式、その高速化を実現するデジタルハイアラーキについて学んでいこう。また光ファイバにおける多重化方式である高密度波長分割多重方式や低密度波長分割多重方式、広波長分割多重方式の違いについて説明する。さらに光ファイバ伝送技術を用いたネットワーク規格の構造について、10Gbスイッチの基本とともに詳しく解説していく。

10Gbスイッチ

10Gbスイッチ

通信において効率的にデータを伝送するには、伝送路を用いた多重化と分離という技術が不可欠である。今回はこれらを踏まえ、周波数分割多重化方式や時分割多重化方式、その高速化を実現するデジタルハイアラーキについて学んでいこう。また光ファイバにおける多重化方式である高密度波長分割多重方式や低密度波長分割多重方式、広波長分割多重方式の違いについて説明する。さらに光ファイバ伝送技術を用いたネットワーク規格の構造について、10Gbスイッチの基本とともに詳しく解説していく。

10Gbスイッチのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

1セグ放送

1セグ放送

1セグ放送のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「1セグ放送」。携帯端末向けの地上デジタル放送のことです。いつでもどこでもデジタル放送を視聴できるこのサービスは、放送と通信を融合させたサービスやコンテンツが期待されており、2005年度中の放送開始を目標に、端末機器の開発や放送形態の策定などが進められています。

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議

0と1のデジタル世界へ!ビデオ会議のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回はアナログ通信との違いを整理し、それぞれのサービスの実例を見てみよう。また、両者を変換する符号化・復号化技術についてパルス符号変調技術や音声・映像圧縮符号化方式を中心に詳しく学ぶ。そして、これらの技術を用いた代表例であるビデオ会議システムの構成と仕組みをMCUやH.323をキーワードに解説する。

3.5世代携帯、HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)

3.5世代携帯、HSDPA

3.5世代携帯、HSDPAのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)」。第3世代の5倍以上の通信速度を実現するデータ通信規格です。従来規格からの改良点を中心に、本格的な高速・大容量のデータ通信サービスの扉を開く、注目の携帯電話技術をご紹介します。

HSDPAは「High Speed Downlink Packet Access」の略称で、NTTドコモの第3世代(3G)携帯電話「FOMA」が採用する「W-CDMA」のデータ通信を高速化した規格だ。
 現在、W-CDMAでは、最大2Mbps(FOMAでは最大384Kbps)の通信速度が実現されているが、W-CDMAを改良したHSDPAを使用することで、従来の5倍以上の最大約 14Mbpsの通信速度が実現可能となる。HSDPAは3GであるW-CDMAの改良版であることから「3.5G」とも呼ばれている。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.