UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > Linux用語集U-Z IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux用語集U-Z IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

UPS(無停電電源装置)

UPS

UPSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

電源障害発生時にPCや周辺機器にしばらくの間電源を供給するUPSは、サーバやネットワーク機器のバックアップを対象に、約8割近くの企業で導入が進んでいる。

さらに最近では、サーバ統合などの観点でシステムの再構築が行われつつあり、UPSの給電方式の違いや設置形態などを見直してみるよい機会とも言える。

諸外国に比べ、比較的電源環境が良好だと言われている日本。しかし、台風や地震、雷などの自然災害や、予期せぬ事故によって、長時間ではないものの停電することも珍しくない。

UNIXサーバー

UNIXサーバー

UNIXサーバーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

国内UNIXサーバー市場は2000年下半期をピークに縮小を続けている。しかし、その一方で、WindowsやLinuxサーバーよりも先行しているRAS(信頼性、可用性、保守性)機能の優位性により、ハイエンドサーバーとしてのUNIXサーバーは今後も成長を続けていくと見られている。

そこで、今回はUNIXの基礎知識をおさらいしながら、各社のハイエンドクラスの UNIXサーバーにスポットを当て、各種プロセッサの高速化技術やミッションクリティカル性はどこまで向上してきたのか、その最新動向をお届けする。

Xen(ゼン)

Xen(ゼン)

Xen(ゼン)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

Xen(ゼン)とはコンピュータの仮想化技術を実現するオープンソースソフトウェアのこと。こうした機能を持つソフトは通常「仮想マシンモニタ(VMM=Virtual Machine Monitor)」と呼ばれ、単一のコンピュータを複数のコンピュータであるかのように分割して使うためのものである。

Xenを導入すると、1台のIAサーバ上で複数のOS(LinuxやWindows XPなど)を同時に実行することができるようになる。Xenは英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所で誕生したが、元々はXenoServer project(広域分散コンピューティング環境)の一部として、1CPU のx86サーバ用の高性能な仮想マシンモニタとして開発が始められた。

その後、Xenを最初に手がけた開発者らにより、2005年初頭にXenSource社が設立され、現在は XenSource社が中心となって Xenオープンソースコミュニティが運営されている。XenSource社ではオープンソースである Xenプロジェクトの支援・運営だけでなく、Xenを中核とした企業向け商用パッケージの開発も手がけている。

USBとSAS

USBとSAS

USBとSASのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマ「シリアル&パラレルインターフェース」の今編では、高速化を追求して登場したIEEE1394、USBから次世代インターフェースとして期待されるシリアルATAとSerial Attached SCSIまでを一気に紹介する。新しい時代のインターフェースを概観していこう。

VoIPゲートウェイ

VoIPゲートウェイ

VoIPゲートウェイのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

音声データをIP化して送るVoIP技術の進展とともに、コスト削減の急先鋒としてIP電話を導入する企業が増えている。現在では、家庭でのIP電話導入も大幅に進み、企業でもすべての音声をIP化するまではいかないものの、拠点などで利用する電話をIP化するケースも増えている。

USBトークン

USBトークン

USBトークンのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

現在USBメモリーには、フラッシュメモリーとしての一般的な用途を超えて、さまざまな機能拡張が行われている。一方では、同一の形状なのにPKI認証機能や暗号化機能を盛り込んだ、中身はまるで別のトークン製品もある。

実際には互いにややジャンルの違う製品ではあるが、セキュリティ向上、情報漏洩防止などに役立つという意味では同列に考えられるケースが多い。ここでは、セキュリティを切り口に、USBメモリーやUSBトークン、USBキーの現状を紹介していく。

Web高速化ツール

Web高速化ツール

Web高速化ツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ECサイトの発展やWebアプリケーションの普及により、Webブラウザにおける高速表示の必要性が高まっている。Web表示の高速化手法としては、一般的には複数のサーバーによる負荷分散や回線の増強といったことが考えられるが、これらの方法はサーバー側の高速化は可能でも、クライアントの回線が貧弱ならば、大きな効果は見込めない。しかし、ECサイトの顧客の回線品質の予想は難しく、また社内システムへのモバイルアクセスが普及しているため、クライアントの回線が貧弱な場合でも高速化したいというニーズが生まれている。

XML関連

XML関連

XML関連のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

eXtensible Markup Languageの略で、HTMLの抱える問題を改善するために標準化団体のW3Cが勧告として策定した言語。

Webアプリサーバー

Webアプリサーバー

Webアプリサーバーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

Webアプリケーションサーバーは、マイクロソフト社製品とJavaベースの製品とに大別できます。この両者を実行環境、開発環境、運用環境の3つの観点から比較してみると、小?中規模システムの場合にはマイクロソフト社製品が、中?大規模システムの場合にはJavaベースの製品が向いているというのが現時点での一般的な見解です。

そこで、今回はJavaベースの製品を中心にその製品動向を紹介します。

WAN・MANとNASによる情報共有

WAN・MANとNASによる情報共有

WAN・MANとNASによる情報共有のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今や企業のネットワークは、日本全国や世界中の様々な国々にまで広がり、文字通りグローバルネットワーク化が急速に進んでいる。今回の「ネットワーク早わかり講座」では、こうした広域ネットワークを実現するWANの仕組みと、最近注目を集めているMANについて解説する。また、こうしたネットワーク環境下での情報共有の手段として有効なNASや仮想ストレージについても、わかりやすく解説していく。

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

第11回は、OSI参照モデルの時にも解説したTCP/IPに焦点を絞って、さらに詳しく見ていこう。インターネットやイントラネットなどで広く使われ、今や世界標準プロトコルとなったTCP/IP。その普及の要因を検証しつつ、その構造とカプセル化の仕組みをわかりやすく図解する。また、これまで学んできたOSI参照モデルと照らし合わせながら、各層での情報の流れも理解しておこう。そして、TCP/IPのカプセル化技術を応用したVPN構築のメカニズムや、それを実現するVPN専用機などについても紹介する。

TCPとUDPとストリーミング

TCPとUDPとストリーミング

TCPとUDPとストリーミングのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

TCP/IPにおけるトランスポート層の役割と、そこに位置する2つの代表的プロトコル、コネクション型のTCPとコネクションレス型のUDPについて、それぞれのプロトコル制御を担うヘッダーを検証しながら、特徴と機能を詳しく紹介する。また、高速性が優先される後者で通信品質を向上させるための、ストリーミング技術とHTTPトンネリング技術を解説し、音声/同画像のネットワーク経由配信やリアルタイム再生を支える、RTP・RTCPプロトコルやCDNネットワークなども紹介する。

LAN間接続「WAN」を学ぶ

LAN間接続「WAN」を学ぶ

遠隔地の拠点に構築されたLANを相互に接続するためのWAN。最近では、「IP-VPN」や「広域イーサネット」など安価で高速なWANサービスが注目を集めている。しかし、それらを導入するためには、現在利用しているWANサービスをしっかりと理解する必要がある。この第17回では、ニーズに応じた高い転送効率を実現する専用線サービスや、データを分割し効率よくデータ伝送を行うことができるフレームリレー・セルリレーについて、その情報転送メカニズムをわかりやすく図解する。

LAN間接続「WAN」を学ぶのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

WAN接続口と広域イーサ概要

WAN接続口と広域イーサ概要

WAN接続口と広域イーサ概要のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

多くのプロトコルで接続することができるWAN。しかし、ユーザーがアクセスするたびにプロトコルを意識しながらWANへ接続するのは大変手間のかかる作業だ。その手間を解消するために、現在利用されているWANには標準的なインターフェースが設けられている。第19回では、そんなWANインターフェイスについて、詳しく解説していく。また、イーサネットをそのままWANに展開することが可能なレイヤー2ネットワーク「広域イーサネット」について、その特徴や仕組みを紹介していく。

「HDLC」とWebサービス

「HDLC」とWebサービス

「HDLC」とWebサービスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターフェースの間で実際に正しいデータ通信を行うための伝送制御技術を今回は取り上げたい。回線制御、同期制御、誤り制御、データリンク制御などの制御によって構成される伝送制御の構成や、実際に行うための代表的な手順「ベーシック手順」「HDLC手順」「無手順」のメカニズムを詳しく見ていこう。また、最近注目を集めているWebサービスを取り上げ、XMLでの情報や、それを効率的にやり取りするプロトコルであるSOAPなどについて解説していく。

公衆を専用線に!インターネットVPN

公衆を専用線に!インターネットVPN

公衆を専用線に!インターネットVPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今注目を集めているVPNについて考察したい。VPNとは多くのユーザーによって利用されるネットワークを用いながら、それがあたかも専用回線であるかのように利用できるネットワークやその技術のことである。また、このVPNを実現するトンネリング技術についてふれておきたい。さらにIpsec-VPNやSSL-VPNの概念や利用用途についても詳しく見ていこう。

VoIPゲートウエイ

VoIPゲートウエイ

VoIPゲートウエイのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

音声データをIP化して送るVoIP技術の進展とともに、コスト削減の急先鋒としてIP電話を導入する企業が増えている。現在では、家庭でのIP電話導入も大幅に進み、企業でもすべての音声をIP化するまではいかないものの、拠点などで利用する電話をIP化するケースも増えている。そこで今回は、現状のインフラを変更することなく、初期投資も少なくて済むVoIPゲートウエイ装置を紹介し、その基本的な仕組みから詳しく解説していこう。

WebCMS

WebCMS

WebCMSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

WebCMSは、基本的な機能はおおむね網羅されているものの、その設計思想やサポートしている範囲などは製品によって大きく異なっている。また、通常のパッケージ製品に比べるとカスタマイズや拡張の余地が大幅にあるため、単なるパッケージ製品導入という感覚ではうまくいかない。Webサイト開発のミドルウェアとしてWebCMSを考えてみれば、自ずと必要な機能が見えてくるはずだ。今回は、そんなWebCMSを選ぶ際に注意しておきたいポイントを解説していく。

  • "WebCMS"の詳細はこちら

UTMアプライアンス

UTMアプライアンス

UTMアプライアンスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

世界的な景気低迷の影響を受け、多くの企業がIT投資を削減せざるをえない状況に追い込まれている。限られた予算の範囲内で様々な脅威に対応するには、ファイアウォールやVPN、IDS/IPS、アンチウイルス、アンチスパムなど、複数のセキュリティ機能をワンボックスに納めたUTMアプライアンスが有力な選択肢である。ここではそのUTMアプライアンスに関する基礎知識と最新動向を解説しよう。

無線新規格「UWBとWiMAX」

無線新規格「UWBとWiMAX」

無線新規格「UWBとWiMAX」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、OSI参照モデルにおけるデータリンク層と物理層の効率化を図ることで、通信速度が大幅に向上したIEEE802.11nについて学んでいこう。また、無線によって50Mbps?1Gbpsの超広域通信を実現する技術として、その動向が非常に注目されるUWBとWiMAXについても詳しく説明する。今のうちにその特徴や有効性をしっかり理解しておこう。

ZigBee

ZigBee

ZigBeeのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ZigBee」。コストがかからず消費電力も少ない近距離の無線通信規格として大いに期待されています。2006年以降、あなたの日常生活の中で急に便利なことが増えてきたと感じるようになったら、それはすべてZigBeeのおかげかも・・・

  • "ZigBee"の詳細はこちら

FW/VPNアプライアンス

FW/VPNアプライアンス

FW/VPNアプライアンスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

不正アクセスや情報漏洩などの問題も増加しており、セキュリティの向上に対するニーズが高まっている。多くの企業ではファイアウオールを導入しているが、データの増加に伴うパフォーマンスの低下やメンテナンスの負担が顕在化しているのも事実だ。こうした中で注目を集め、導入が進んでいるのがvファイアウオール/VPNアプライアンス製品である。本稿では、こうしたファイアウオール/VPNアプライアンスの機能をおさらいするとともに、導入のメリットについてまとめることにする。

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「UWB(Ultra Wide Band:ウルトラワイドバンド)」。「超広帯域無線」と呼ばれ、データを極めて広い周波数帯に拡散して送受信を行う無線通信方式です。モバイルなどの近距離通信における、大容量のデータ通信を支える技術として注目が集まっています。

UWBとは、超広帯域を利用する通信技術で、FCC(米連邦通信委員会)の規定では10dB比帯域幅が中心周波数の20%以上、または500MHz以上の帯域幅を使用する無線通信を指すと定義されている。Bluetoothや無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)などよりも高速なデータ通信速度を目指しており、たとえばUWBを物理層に利用してUSBの無線化を推進するワイヤレスUSBプロモータグループでは、480Mbpsの通信速度をターゲットにしている。もともとは軍事利用のために開発が進められたという背景があり、位置測定、レーダー、無線通信の3つの機能をあわせ持つ。近年の技術革新によって、携帯電話や無線LANなどのさまざまな領域で高速通信環境が整い、モバイルを中心とした近距離通信=「PAN(Parsonal Area Network)」が求められて来ており、次世代の無線通信技術として検討が進められている。

Webコンテンツマネジメント

Webコンテンツマネジメント

Webコンテンツマネジメントのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

Webサイト制作者の悩みは、増え続けるコンテンツをどう整理して、タイムリーに統一感あるWebページとして成立させるか、そしてどうやってコストを抑えるかだ。一方、サイト運営者の悩みはビジネスにつながり会社のブランディングに有効なコンテンツを、どうすれば効率的かつ効果的に発信できるかであろう。Web CMSはどちらの悩みにも一定の回答を与えてくれる。今回はWeb CMSの意義と最新の動向を紹介していく。

129.vmstatコマンド CPU、プロセス、メモリに関する情報を表示する

CPU、プロセス、メモリに関する情報を表示する

■-- 文法 --■

vmstat [オプション] [間隔(sec) [回数] ]

   例)
    vmstat▲1▲10
     1秒間隔で10回表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
vmstatコマンドは、CPU、プロセス、メモリになどの統計情報を表示するコマンドです。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.