UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > 用語集あ?こ IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

用語集あ?こ IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

カオスコンピュータ

カオスコンピュータ

カオスコンピュータのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「カオスコンピュータ」は、現在のデジタル情報技術とはまったくコンセプトを異にする、アナログ回路で人間の脳を再現するコンピュータ。脳のなかに発見されたカオスの力で、従来のITでは不可能だった問題を解決できるかもしれません。

現在普及しているコンピュータはすべて、アラン・チューリングやフォン・ノイマンといった計算機工学の先駆的研究者たちが作り出したノイマン型のアーキテクチャで、人間の脳の思考方法の一部を単純化し、数学モデルとして取り出したものである。大成功をおさめたノイマン型コンピュータだが、曖昧な問題や正確な答えのない問題、計算量が爆発的に増えてしまう問題など、実は不得意分野も少なからず存在している。

仮想テープライブラリ

仮想テープライブラリ

仮想テープライブラリのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業の業務システムは年々複雑化しており、システム障害や災害発生に備えてバックアップが必要とされるデータは、多様化/大容量化が続いている。また、内部統制やコンプライアンスへの対応、事業継続といったニーズの高まりも後押しし、様々な企業でバックアップ体制の見直しやシステムの再構築が検討され始めた。

その中で、従来バックアップ/リストアシステムの主流とされてきたテープストレージに代わり注目され始めたのが、ハードディスクを利用したディスクベースのバックアップ製品だ。今回の特集では、テープ装置を利用してきた従来の運用体制や既存資産を活用しながら、ディスクバックアップの利点も享受できる「仮想テープライブラリ」について、その具体的なメリットから最近の動向までを詳しく紹介していく。

グリッドコンピューティング

グリッドコンピューティング

グリッドコンピューティングのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

グリッドという言葉は、送電網(パワーグリッド)を由来としている。すなわち、電源プラグをコンセントに差せば電気を使うことができるのと同じように、CPU、ストレージやネットワークといったITリソースをユーティリティ化し、いつでも望む情報サービスを享受できるようにすることがグリッドコンピューティングの目的である。

最近では次々と新しいグリッドコンピューティング関連製品やサービスが発表され、グリッドコンピューティングという言葉が意味するものも時々刻々と変化している。そこで、本稿ではエンドユーザー視点と運用管理者視点によるグリッドの分類を機軸にしてグリッド技術の動向について紹介したいと思う。

インターネットVPN

インターネットVPN

インターネットVPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネット上にVPN(Virtual Private Network:仮想閉域網)を構築するインターネットVPN。新型 WAN サービスとしては、 IP-VPN や 広域イーサネット といった選択肢もある。これらのWANサービスは、インターネットを経由しない キャリア 網を利用し、帯域確保も可能だが、ある程度の規模の企業でなければコスト的に導入が難しい。

これに対してインターネットVPNは、インターネットを利用するためコストが安く、手軽に利用できるが、セキュリティや回線品質に不安を感じるユーザーがいるのも事実だろう。そこでインターネットVPNサービスを提供するキャリアや SIer では、こうしたユーザーの不安を解消すための対策も提供している。今回は、インターネットVPNサービスのメリットに加え、セキュリティや信頼性を確保するための方法も紹介しよう。

クライアント管理

クライアント管理

クライアント管理のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

トラブルを未然に防止するのは運用管理コスト低減の基本則。ネットワーク感染型ウイルスの登場以来、外部ネットワークからの脅威の排除だけでなく、社内ネットワーク内部に存在する脅威にも配慮しなければならなったいま、最も効果的なセキュリティ対策として注目されているのがクライアント管理である。ここでは、なぜ今クライアント管理が注目されるのか、その理由と背景を紹介し、現状で考えられるクライアント管理手法を整理してみよう。

キーマンズネット(keymans net) IT用語辞典

キーマンズネット(keymans net)

さらに詳しいキーマンズネット(keymans net)の説明はこちらをクリックしてください。

リクルートが運営するキーマンズネット。企業で導入するIT製品選びをサポートするキーマンズネット。

キーマンズネットとは

キーマンズネットとは、IT関連製品選定関与度の高い人に向け、ワンツーワン形式でIT関連製品・サービス情報の提供をインターネットで行うサービスです。会員数は企業のIT関連決裁者、Sierを中心に27万人(2005年3月現在)。IT関連製品・サービスに関心の高い会員に絞り込んで広告主様のサービス概要をメール、インターネットを使って訴求できます。高い見込み客獲得能力をもったIT関連専門メディアといえます。

グループウエア

グループウエア

グループウエアのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業の情報共有を図り生産性を上げるのがグループウエアの役割。目的にあったグループウエアを選び、ユーザーに浸透させることで、情報共有のタイムラグを軽減し、意思統一が図れるといメリットが得られる。

しかし製品によって導入や運用のコストに違いがあると共に、使い道や効果も違い、必ずしも効果的に使えていないようだ。そこで今回は、グループウエアの導入・運用の考え方を、種類に即して整理し、最適なグループウエアの選択ができるよう最新動向を交えながら紹介していこう。

エンタープライズ・セマンティックWeb

エンタープライズ・セマンティックWeb

エンタープライズ・セマンティックWebのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

これまで「Webページの検索性を高める技術」として紹介されてきたセマンティックWebであるが、ここ最近、統合技術としても評価されつつある。今回のテーマである「エンタープライズ・セマンティックWeb」は、企業システムが抱える統合に関わる課題を、セマンティックWebを使うことで解決するソリューションを表した言葉である。

携帯フルブラウザ

携帯フルブラウザ

パソコン用のWebサイトを携帯電話で閲覧できるようにするブラウザで、パケット定額制サービスの普及とともに、俄然注目が集まっています。

携帯フルブラウザってなんだ?!のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

コメントスパム

コメントスパム

コメントスパムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ブログブームに乗ってブロガーになったまでは良かったものの、コメントスパムやトラックバックスパムに日々悩まされてはいませんか?

広域イーサネット

広域イーサネット

広域イーサネットのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

従来はLANに利用されてきたイーサネット技術をWAN(広域網)に適用させたサービスのことを指します。光ファイバ上でイーサネット・フレームをそのまま伝送するため、企業内などのLANとシームレスに接続できるメリットがあります。

ウイルス対策サービス

ウイルス対策サービス

ウイルス対策サービスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ウイルス対策にかけられる運用管理コスト対策

サーバーやクライアント等でのウイルス対策ソフトは必需品。しかしそれだけでは新たなネットワークウイルスに完全な対応ができない。ますます凶悪化し手口が巧妙化するウイルスには、ソフトやハード、ネットワークへの対策のほか、企業のポリシー、社員の行動など、あらゆる側面で対策を強化しなければならないが、ウイルス対策にかけられる運用管理コストには限りがある。そこで注目されるのが、「ウイルス対策サービス」だ。今回はその種類や利用の仕方を紹介する。

オープンCOBOL

オープンCOBOL

オープンCOBOLのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

1960年に開発された言語であるCOBOL。良い意味ですでに「枯れた」言語のCOBOLは、メインフレームを中心としたOA化の流れにのり、爆発的に利用された言語です。

しかし、今はさまざまな開発環境の台頭により、利用頻度が減ってきているのが現実です。しかし、昔の資産を有効利用するためのツールとしてだけではなく、オープン環境に柔軟に対応している現在のCOBOLは今まさに注目を集めているところです。

今回は、そんなオープン系COBOLの最新動向について詳しく解説します。

運用管理ツール

運用管理ツール

運用管理ツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

これまでいろいろな管理ツールを取り上げてきた。例えば、「ネットワーク監視ツール」、「バックアップツール」、「セキュリティ管理ツール」、「IT資産管理ツール」、「ストレージ管理ソフト」などだ。

これらの専用管理ツールはどれもシステムを運用していく上で便利なツールばかりだが、一方で、運用管理ツールと呼ばれる製品の中身を覗いてみると、「ジョブ管理」といった運用管理特有の機能に混じって「ネットワーク管理」や「ストレージ管理」といった項目も同時に目に飛び込んでくる。そこで本稿の冒頭では、運用管理ツールと個別の専用管理ツールとの関係から説明を始めることにしよう。

キャパシティ管理

キャパシティ管理

キャパシティ管理のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

コスト削減は情報システム部門の最大の関心事。しかしそれがビジネス成長の妨げになっては元も子もない。データ量や処理量の増加に比例して運用コストが増大しないコントロールが肝心だ。このコントロールを適切に行うために不可欠なのがキャパシティ管理。まずはキャパシティ管理の意義や方法を確認しておこう。

アナリティカルCRMとBI

アナリティカルCRMとBI

アナリティカルCRMとBIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

オペレーショナルCRMでは、顧客情報を収集しながら顧客との適切なコミュニケーション手段を提供してくれるが、CRMで蓄積されたデータからビジネスに役立つ知識を引き出す(顧客を知る)には、アナリティカルCRMが必要になる。また、CRMソリューションへの投資もオペレーショナルCRM+アナリティカルCRMで初めて早期回収が可能になる。

そこで、今回はCRMスイートに搭載されているアナリティカルCRMにスポットを当てて、その最新事情をBIスイート製品からのアプローチも含めて紹介する。

アプリケーション連携

アプリケーション連携

アプリケーション連携のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

アプリケーション連携・統合に関する関心は最近とみに高まっているようだ。それはシステム主導になりがちだった従来のEAIのほかに、比較的低コストでサービス主導の考え方による新しい連携法が有力な選択肢として加わったことによると思われる。そこで今回はアプリケーション連携および統合技術の現状を紹介し、導入の考え方を整理してみたい

誤り制御方式とVoIPに見るQoS

誤り制御方式とVoIPに見るQoS

誤り制御方式とVoIPに見るQoSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

LAN、WANを利用する際、伝送されるデータの品質などについては、普段、あまり気にすることはない。しかし、ネットワーク内では、単にデータが伝送されているだけでなく、常に一定の品質を保つためのさまざまな制御が行われている。今回は、その代表例である誤り制御方式について詳しく解明する。また、こうした通信の品質制御を体系化したQoSと、これによって実用的なサービスを実現したVoIPの仕組みをわかりやすく解説していく

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

第11回は、OSI参照モデルの時にも解説したTCP/IPに焦点を絞って、さらに詳しく見ていこう。インターネットやイントラネットなどで広く使われ、今や世界標準プロトコルとなったTCP/IP。その普及の要因を検証しつつ、その構造とカプセル化の仕組みをわかりやすく図解する。また、これまで学んできたOSI参照モデルと照らし合わせながら、各層での情報の流れも理解しておこう。そして、TCP/IPのカプセル化技術を応用したVPN構築のメカニズムや、それを実現するVPN専用機などについても紹介する。

アンチウイルスソフト

アンチウイルスソフト

企業のウイルス対策はクライアントPCにアンチウイルスソフトを入れておけば安心、というものではない。ネットワークの水際であるゲートウエイやメールサーバーなど複数のポイントでの対策が必要だ。しかし保護すべきマシンが増えるに従って、運用負荷も上がってしまう・・・。今回はそんなネットワーク管理者の悩みを解決すべく、最新のアンチウイルス製品、および管理ツールを紹介する。社内ネットワークに“穴”がないか、いま一度見直す機会になれば幸いだ。

アンチウイルスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

オフィスCTI

オフィスCTI

オフィスCTIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業のオフィスコミュニケーションにおいても、VoIP技術を使った新しいコミュニケーション環境の導入を検討している企業が増えている。VoIP技術はIPネットワーク上で機能する技術であるため、電話・FAX・電子メールなど異なるメディアのコミュニケーションを統合管理するユニファイドメッセージシステムとの親和性も高い。また、カスタマーサポートなどを行うコールセンターのあり方も、ロケーションフリーになるなど大きく変わってくる。 そこで今回は、次世代のIPコミュニケーションの仕組みや機能を整理し、それによって変わる業務スタイルと導入のメリットを解説し、具体的な製品を紹介していくことにする。

ギガビットイーサネット:拡張するLAN 支えるスイッチ

ギガビットイーサネット:拡張するLAN 支えるスイッチ


ギガビットイーサネット:拡張するLAN 支えるスイッチのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、バックボーンやWANなどの広域部分においても利用されるようになってきたLANのメカニズムについて見てみよう。現在、LAN規格はさらなる高速化が進み、FDDIやギガビットイーサネットなどの規格が登場してきた。特に、ギガビットイーサネットはさらなる高速化が予想される。また、イーサネットによる広域ネットワーク(広域イーサネット)のセキュリティを確保するVLANや、広域イーサネットの構造要素であるギガビットスイッチについても理解を深めておきたい。

イーサネット専用線と広域イーサ

イーサネット専用線と広域イーサ

イーサネット専用線と広域イーサのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

新たに標準化された規格・10ギガビットイーサネット(10GbE)は、広く普及しているLANの次なるステップとして注目されている。この規格の代表的サービスとして、イーサネット専用線や広域イーサネット網がある。そこで今回は、10ギガビットイーサネット標準化の背景や、イーサネット専用線と広域イーサネット網における、それぞれの構成要素や実際のサービスなどについて理解を深めていきたい。

ウイルス対策:基礎編

ウイルス対策:基礎編

ウイルス対策:基礎編のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークを活用する企業でファイアウオールとウイルス対策ツールを装備していないケースは今では考えられなくなった。ネットワークに潜在する「脅威」の存在とその恐ろしさは一般に広く認知されるようになり、さまざまな対策がとられているはずだが、それでもウイルス感染事件は後を絶たない。今回は、なぜ対策していても感染が起きるのか、またそのためのコスト効果の高い対策について考えてみる。

広域イーサネット

広域イーサネット

広域イーサネットのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

現在、新型WANサービスで多くのシェアを占めているのはIP-VPNだが、最近はレイヤー2で柔軟にネットワークを構築でき、既存機器も活かせる広域イーサネットにも大きな注目が集まっている。それというのも、以前は少なかったアクセス回線が拡充され、IP-VPNと肩を並べる程の選択肢が提供されてきているからだ。今回は最近の動向を中心に、広域イーサネットのメリットを再確認してみよう。

グリッドコンピューティングの基礎

グリッドコンピューティングの基礎

グリッドコンピューティングの基礎のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ここ数年、グリッドコンピューティングが注目を集めてきている。インターネットをはじめ、コンピュータネットワークの広域化と高速化、さらに、そこに接続される数多くのコンピュータの存在が、かつては考えの及ばなかったテクノロジーの扉を開けることとなった。今回は、グリッドコンピューティングについての基礎知識から種類などのほか、IBMのOGSAベースのウェブサービス、NTTデータの「cell computing」などの具体例を挙げながら、その将来性について考察していきたい。

世代の違いを整理!携帯電話の基礎

世代の違いを整理!携帯電話の基礎

世代の違いを整理!携帯電話の基礎のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

最近の携帯電話は、単なる電話であるだけでなく、さまざまな機能が備わり、ネットワークへのアクセスを可能とする高度な携帯情報端末だといっても過言ではない。今回は、FDMA方式に始まり、TDMA方式、CDMA方式へと変遷をとげている携帯電話の進化とその技術について考察したい。特に、最新の「第3世代携帯」と呼ばれるCDMA方式の技術については、各社が提供するFOMA、CDMA2000 1x、VGSなどを例に理解を深めていく。

インメモリデータベース

インメモリデータベース

インメモリデータベースのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

一般的に広く普及している汎用データベース(Oracle、SQL Server、Sybase、DB2など)は、データをハードディスク上に保持しながら動作することを基本スタイルとしたデータベースで、これらは「ディスク型データベース」と呼ばれている。これに対し、ハードディスク上ではなく、すべてのデータをコンピュータのメインメモリ上に展開しながら動作することを基本スタイルとするデータベースが登場するようになり、これらのソフトウェアは「インメモリデータベース」あるいは「オンメモリデータベース」と呼ばれている。

活路はあるか?「携帯市場」

活路はあるか?「携帯市場」

活路はあるか?「携帯市場」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

2004年、世界に先駆けて導入した次世代W-CDMA携帯端末が順調な拡大傾向を見せ始めている。しかし、この成長モードの裏側で、国内端末ベンダーが幾つもの難題を抱えているのも事実である。国内市場の成熟化、大手海外ベンダーの国内新規参入、立ち遅れた海外戦略など、国内端末ベンダーの課題は山積したままである。今回は、この携帯市場(ハード面)、戦略面における問題点を中心にレポートを行う。

クライアント管理:基礎編

クライアント管理:基礎編

クライアント管理のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

トラブルを未然に防止するのは運用管理コスト低減の基本則。ネットワーク感染型ウイルスの登場以来、外部ネットワークからの脅威の排除だけでなく、社内ネットワーク内部に存在する脅威にも配慮しなければならなったいま、最も効果的なセキュリティ対策として注目されているのがクライアント管理である。ここでは、なぜ今クライアント管理が注目されるのか、その理由と背景を紹介し、現状で考えられるクライアント管理手法を整理してみよう。

活路はあるか?「携帯市場」

活路はあるか?「携帯市場」

活路はあるか?「携帯市場」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

2004年、世界に先駆けて導入した次世代W-CDMA携帯端末が順調な拡大傾向を見せ始めている。しかし、この成長モードの裏側で、国内端末ベンダーが幾つもの難題を抱えているのも事実である。国内市場の成熟化、大手海外ベンダーの国内新規参入、立ち遅れた海外戦略など、国内端末ベンダーの課題は山積したままである。今回は、この携帯市場(ハード面)、戦略面における問題点を中心にレポートを行う。

クライアント管理

クライアント管理

トラブルを未然に防止するのは運用管理コスト低減の基本則。ネットワーク感染型ウイルスの登場以来、外部ネットワークからの脅威の排除だけでなく、社内ネットワーク内部に存在する脅威にも配慮しなければならなったいま、最も効果的なセキュリティ対策として注目されているのがクライアント管理である。ここでは、なぜ今クライアント管理が注目されるのか、その理由と背景を紹介し、現状で考えられるクライアント管理手法を整理してみよう。

クライアント管理のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業向けノートPC

企業向けノートPC

企業向けノートPCのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

現在の企業にとって、1人1台のPC利用は当然となった。特に、以前は高価だったノートPCでも低価格化が進み導入しやすい状況になっており、内勤者用PCとしても、デスクトップPCではなく、ノートPCを選択する企業が増えてきている。また、2005年4月に施行された個人情報保護法への対応も迫られ、セキュリティ対策への関心が高まっている。このため、企業向けノートPCにも、セキュリティを確保するための暗号化機能や認証機能など各種機能が搭載されるようになってきている。そこで今回は、セキュリティ機能を中心とした企業向けノートPCの注目機能を紹介する。

カラーレーザープリンター

カラーレーザープリンター

カラーレーザープリンタのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

すでに枯れた技術であり、製品としては安定感のあるプリンタ。その中でもオフィスユースで主流となっているのがレーザープリンタである。調査会社の調べでも、全体的に成熟感のあるプリンタ市場の中で、カラーレーザープリンタは、低価格、高速化、高画質化を背景に、大幅にその出荷数を伸ばしている。そこで今回は、カラーレーザーを中心に、印刷方式の分類やその仕組みなど基本的な知識をおさらいしながら、現状での印字速度、画質、価格帯などの相場観を、最新事情とともに解説する。そして、プリンタメーカー各社がオススメする旬のカラーレーザープリンタ13機種を一挙に紹介する。

検疫ネットワーク入門

検疫ネットワーク入門

検疫ネットワーク入門のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、利便性の向上に伴って多くの脅威にさらされるようになった、企業ネットワークのセキュリティ対策を学んでいこう。まず、企業ネットワークに対する悪意のない脅威について説明するとともに、ウイルスやワームの感染拡大を阻止する検疫ネットワークの特長を解説する。さらにその実現方式の種類を、DHCPサーバー方式、認証スイッチ方式、パーソナルファイアウオール方式をキーワードに、詳しく理解していきたい。

インクジェット複合機市場

インクジェット複合機市場

インクジェット複合機市場のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今、インクジェット複合機が売れている。かつては「ビジネス向け」の色彩が濃い製品であったインクジェット複合機は、2003年第4四半期(10?12月期)にはインクジェット市場全体の出荷台数の30%近くに達する成長を見せている。ビジネス向けのみならず、家庭向け製品としても需要が拡大しているインクジェット複合機と、従来からのインクジェットプリンタを含むインクジェット市場の現状と今後の動向を予測する。

検疫ネット実現の3方式

検疫ネット実現の3方式

検疫ネット実現の3方式のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、セキュリティ強化策として大きな期待と関心を集めている検疫ネットワークについて詳しく見ていこう。まず、DHCPサーバー方式による検疫ネットワークについて、ウイルス・ワームの検疫やその駆除の仕方を説明する。またIEEE802.1xとRADIUSを用いて検疫ネットワークを実現する認証スイッチ方式や、通過パケットを監視するパーソナルファイアウオール方式についても解説する。

コンタクトセンター向けCTI

コンタクトセンター向けCTI

コンタクトセンター向けCTIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

近年の経営環境は非常に厳しい。顧客のニーズは多様化、高度化している。こうした中で企業に求められることは、自社の強みに磨きをかけると共に、「顧客の声」を真摯に受け止め、それに的確に応えていくことだ。そのためには、顧客の声を効率的に収集するための仕組み作りが必要となる。そこで重要な役割を果たすのがコンタクトセンターだ。顧客からアクセスしやすいだけでなく、そこでどのような対応をするかが、その後の顧客満足度を大きく左右することにもなる。そこで今回は、効率的、効果的なコンタクトセンターを実現するためのCTI製品について紹介する。

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド) のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「UWB(Ultra Wide Band:ウルトラワイドバンド)」。「超広帯域無線」と呼ばれ、データを極めて広い周波数帯に拡散して送受信を行う無線通信方式です。モバイルなどの近距離通信における、大容量のデータ通信を支える技術として注目が集まっています。

高速プロセスマイグレーション

高速プロセスマイグレーション

高速プロセスマイグレーションのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「高速プロセスマイグレーション」。コンピューター上で稼働する「プロセス」(=アプリケーションプログラム)を別のコンピューターに移行させる基盤技術です。稼働中のプログラムでさえ、停止させずに別コンピューターに高速転送できる技術とはどんなものか、早速ご紹介します。

Webサーバーや動画配信プログラム、データベースといった、サーバー上で稼働中の「プロセス」(=アプリケーションプログラム)を、処理を継続したまま他のサーバーへ移行できる技術。

一般的に「マイグレーション」とは、プログラムやデータの移行・変換作業を指す。例えば、プログラムの場合、UNIX向けに開発されたプログラムをWindows向けに移行する作業などがそれだ。一方、データベースのマイグレーションでは、単にデータのコピーだけでなく、新たな環境で作業を開始するための、管理システムのセットアップや設定の引継ぎといった作業も含まれる。

オキシライド乾電池

オキシライド乾電池

オキシライド乾電池のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「オキシライド乾電池」。新たな素材と新工法で、従来のアルカリ乾電池よりも「パワフル&長もち」を実現した新製品です。デジタル機器の小型化、モバイル化に伴い深刻化する「電源確保」の問題に一石を投じるか、早速見てみましょう。

音声インデクシング技術

音声インデクシング技術

音声インデクシング技術のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「音声インデクシング技術」。音声認識、自然言語処理技術を使い、音声や動画を含む映像コンテンツの内容を示す「メタデータ」を高精度に付与する技術です。今後ますますニーズが高まる、ネットワーク上での映像コンテンツの流通のキーとなる技術として期待されています。

映像に含まれている音声データから、話されている内容をテキスト化すると同時に、XMLによるメタデータ化を全自動で行なうことで、映像コンテンツの一覧性や検索性を高める技術のこと。メタデータとは、「コンテンツに関するデータ」であり、コンテンツに対してさまざまな観点から情報が付与される。

コンピュータフォレンジック

コンピュータフォレンジック

コンピュータフォレンジックのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「コンピュータフォレンジック」。セキュリティ対策の最前線で、今最も注目されているテーマの1つです。コンピュータを使ったハイテク犯罪に巻き込まれる前に、企業も個人も、ぜひこの機会にセキュリティ問題を根本から見直してみましょう。

コンピュータフォレンジックについて解説する前に、フォレンジック(Forensic)から説明しよう。実はフォレンジックは決して新しい言葉ではなく、「ケミカルフォレンジック」、「バイオジカルフォレンジック」、「フォレンジックサイエンス」という言葉は科学捜査の分野においてずっと以前から使われてきた言葉である。つまりフォレンジックとは「科学捜査」と置き換えることができ、犯罪現場に遺留された毛髪や血痕、破片などの成分を分析して犯罪との関わりを立証したり、事故の発生原因をシミュレーション解析したりすることを指す。

光学迷彩

光学迷彩

光学迷彩のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「光学迷彩」。光の反射の特性を応用し、ある物体を、あたかも周囲の風景に溶け込んでいるかのように“透明に”見せるための技術です。劇場アニメにもなった「攻殻機動隊」に登場する迷彩服のような世界は果たして実現可能なのか、早速見てみましょう。

Cabir(カビール)

Cabir

Cabirのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「Cabir(カビール)」。遂に出現してしまった世界初の携帯電話ウイルスです。あなたの携帯電話は大丈夫ですか?

2004年6月、遂に携帯電話の世界にもコンピュータウイルスが登場した。その名も「Cabir」、日本語ではカビール、キャビルなどと呼ばれている。実際の感染画面に表示されるメッセージのスペルは「Caribe(ピラニアのこと)」となっているが、コンピュータウイルス対策会社では「Cabir」という名前で発表している。こういう不一致はウイルスの命名にはよくあることだ。

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド)

UWB(ウルトラワイドバンド)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「UWB(Ultra Wide Band:ウルトラワイドバンド)」。「超広帯域無線」と呼ばれ、データを極めて広い周波数帯に拡散して送受信を行う無線通信方式です。モバイルなどの近距離通信における、大容量のデータ通信を支える技術として注目が集まっています。

UWBとは、超広帯域を利用する通信技術で、FCC(米連邦通信委員会)の規定では10dB比帯域幅が中心周波数の20%以上、または500MHz以上の帯域幅を使用する無線通信を指すと定義されている。Bluetoothや無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)などよりも高速なデータ通信速度を目指しており、たとえばUWBを物理層に利用してUSBの無線化を推進するワイヤレスUSBプロモータグループでは、480Mbpsの通信速度をターゲットにしている。もともとは軍事利用のために開発が進められたという背景があり、位置測定、レーダー、無線通信の3つの機能をあわせ持つ。近年の技術革新によって、携帯電話や無線LANなどのさまざまな領域で高速通信環境が整い、モバイルを中心とした近距離通信=「PAN(Parsonal Area Network)」が求められて来ており、次世代の無線通信技術として検討が進められている。

AR(強化現実)

AR(強化現実)

AR(強化現実)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「AR(強化現実)」。コンピュータで情報を補うことで、目に見える現実の事物への認識を助ける技術です。ヘッドマウント・ディスプレイなどの身につけられる機器上に、自分のいる位置や、見える景色に関連する情報が表示される…、そんな夢のような技術に関する研究が進められています。

オープンソース

オープンソース

オープンソースのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

オープンソース・ソフトウエアと言うと、恐らく大部分の方が真っ先に思い浮かべるのはLinuxであろう。しかし、今やオープンソースは、Linuxだけにとどまらず、アプリケーションサーバー・ソフトウエアのJBossやDBソフトウエアのMySQLなど商用ソフトウエアを凌駕する勢いでシェアを伸ばしているソフトウエアもあり、今後もその利用分野は拡大すると予想される。そこで本稿では、今後の利用拡大が期待される業務アプリケーションやインテグレーション・ミドルウエアの領域を中心にオープンソース・ソフトウエアの今後を展望する。

携帯電話機

携帯電話機

携帯電話機のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

2強時代から混戦時代にと突入した携帯電話機市場。「苦戦組」と「善戦組」の分かれ目はどこにあるのか?また売れ筋モデルにはどのような傾向があるのか?はたまた番号ポータビリティが市場に与える影響はどの程度か?今回は国内における携帯電話機の市場動向を最新データに基づいて検証し、同時に2006年の市場展望を述べる。

Ajax(エイジャックス)

Ajax(エイジャックス)

Ajax(エイジャックス)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「Ajax(エイジャックス)」。画像を掴んでスクロールさせたり、株価やニュースのような刻々と変化していく情報を更新するなど、使い勝手の悪かったWebサイトでスムーズな操作性を実現する開発手法。その利用範囲は操作性の向上にとどまらず、Webサイトの未来像を見据えています。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.