UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > Linux用語集P-T IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux用語集P-T IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

PCサーバ

PCサーバ

PCサーバのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ノークリサーチの調べによれば、PCサーバ市場は2007年度の出荷台数が前年並みの55万330台、金額が前年対比4.8%増の3026億円となった。大口受注が減少し、中堅中小企業への行き渡り感と、内部統制に向けた既存サーバのセキュリティ/運用管理の守備的対応などにより、新規需要は停滞している。一方で、マルチコア化で単価が高まり、金額市場は上昇傾向にある。種類別では、統合化需要によりラックサーバが堅調な伸びを示しているほか、ブレードサーバが前年対比25.9%の割合で出荷台数を伸ばすも全体の1割弱にとどまっている。

市場占有率(台数ベース)を見ると、2007年度はNECが25.7%で1位、2位の日本HPが23.6%、3位のデルが17.0%と続いている。

SAN(Storage Area Network)

SAN(Storage Area Network)

SAN(Storage Area Network)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

高速なファイバーチャネルで、ストレージ専用のネットワークを構築するSAN。このSANは、点在するストレージを統合し、運用/管理の手間やコストの削減に大きく寄与するという優れた特長があるが、従来は大企業向けのものという印象が強かった。

それが最近では低価格化が進み、また、Webブラウザから簡単に操作できる管理ツールも提供されるなど、中堅/中小企業でも導入しやすい環境が整いつつある。そこで今回は、中堅/中小での導入に適した低価格なエントリーモデルの話題を中心に、SANのメリットや最近の動向などを紹介しよう。

USBとSAS

USBとSAS

USBとSASのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマ「シリアル&パラレルインターフェース」の今編では、高速化を追求して登場したIEEE1394、USBから次世代インターフェースとして期待されるシリアルATAとSerial Attached SCSIまでを一気に紹介する。新しい時代のインターフェースを概観していこう。

TransferJet

TransferJet

TransferJetのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ソニーが独自に開発した近接無線転送技術、TransferJetの機能は、SuicaやPasmoなどに採用されているFeliCaの通信速度を超高速にしたものと例えるとわかりやすいかもしれない。TransferJetは両方の機器に電源を持つ双方向通信でありFeliCaとは原理的にも異なるのだが、”タッチ”する動作が通信の開始を表す点で、感覚的には似通っているからだ。

今回の取材で用意されたデモは、基本的に2008年のCES(全米家電協会主催の家電・情報・通信・エレクトロニクスに関する総合展示会)で公開されたものと同じシステムで、TransferJetを搭載したフォトストレージとそれに接続する液晶HDテレビという構成。

フォトストレージ上の通信エリアにTransferJet搭載のデジカメを近づけると、自動的に通信を開始してデジカメ内の写真データが、高速に転送されて次々にテレビに映し出されてゆく。実効レートで375Mbpsのスピードというだけあって、USBやメモリカードと同じ感覚で、1秒間に数枚ペースでサクサクと写真が表示される。

RFID(Radio Frequency Identification)

RFID(Radio Frequency Identification)

RFIDのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

2005年4月、 UHF 帯の電波がRFID利用のために解禁された。UHF帯でのRFID活用により、これまで企業内での製造や物流の現場にとどまっていた運用形態から、業界全体やサプライチェーン全体に広がるオープンな運用形態へと、やっと脱皮が図れるチャンスが訪れたのである。

SSL-VPN

SSL-VPN

SSL-VPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネットエクスプローラなどのWebブラウザに搭載されているSSLという仕組みを利用して、
通信内容を暗号化し、インターネット上での盗聴や改ざんを防ぐシステムです。

インターネットの中に仮想的な閉域網を構築し、企業内の情報資産にセキュアな環境でアクセスすることができるVPN。その中でも、リモートアクセスで威力を発揮するのが今回特集するSSL-VPNだ。WebブラウザでアクセスすることができるSSL-VPNは、拠点間で利用されるIPsecと使い分けられ、いまや企業におけるリモートアクセス手段に利用される機会も多くなっています。

シングルサインオン(SSO)

シングルサインオン(SSO)

シングルサインオン(SSO)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

多くのユーザーが複数のユーザーID・パスワード管理に悩まされているのではないでしょうか。こうした煩わしさを解決し、生産性を向上させると同時にセキュリティ強化もできるのがシングル・サインオン(SSO)です。

テレビ会議システム

テレビ会議システム

テレビ会議システムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

遠隔地から会議に出席する際の交通費や宿泊費などのコストや移動に要する時間的ロスや不在時の業務停滞、また企業のトップを形成するヒューマンリソースが1ヶ所に集中することのリスク。確かに一堂に会して会議を行うことのメリットは計り知れないが、デメリットもまた少なくありません。

従来型の高価で実用的とは言い難いシステムから大きく様変わりし、そんな問題を一挙に解決するビジュアル・コミュニケーションツールとして、またビジネスチャンスを生み出す汎用性の高いツールとして、テレビ会議システムに対する期待が一挙に高まってきました。

今回は、テレビ会議システムのから導入に際しての選択ポイントまで詳しく紹介します。

SFAツール

SFAツール

SFAツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「営業部門を改革しなければ生き残れない」という経営者の思いを受けて、SFA(Sales Force Automation)の導入を検討する企業が増えている。事実、ベンダーの開催するセミナーはどこも盛況だ。SFAといえば数年前にブームになり、その後あまり聞かなくなった印象もあるが、勝ち組企業は水面下で着々と検討を進めているといったところか。
「上司が部下を管理するために莫大なコストをかける」という従来のイメージを払拭し、現状を正しく理解するために、今回は最新動向を中心に基礎もおさらいしていこう。

SOAの本質を見極める【前編】

SOAの本質を見極める【前編】

SOAの本質を見極める【前編】のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)はIT業界で現在、最もホットなキーワードの1つである。しかし、概念が抽象的である上、その意味するところもベンダーによってまちまちであることから、SOAが何であるかを正確に理解するのは難しい。本稿では2回にわたってSOAの全貌を明らかにしたい。今回はまず前編として、SOAの概念とその背景を徹底的に説明する。

SOAの本質を見極める【後編】

SOAの本質を見極める【後編】

SOAの本質を見極める【後編】のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

前編では、Webサービスとの違い、SOAにおけるBPMの位置付けなど、抽象的で分かりにくいとされるSOA(サービス指向アーキテクチャ)の概念とその登場の背景を解説した。後編では、実際にSOAを導入するには何をすべきかなど、その構成要素を解説した上で、各ベンダーの製品動向とSOAの今後のロードマップを解説したい。

誤り制御方式とVoIPに見るQoS

誤り制御方式とVoIPに見るQoS

誤り制御方式とVoIPに見るQoSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

LAN、WANを利用する際、伝送されるデータの品質などについては、普段、あまり気にすることはない。しかし、ネットワーク内では、単にデータが伝送されているだけでなく、常に一定の品質を保つためのさまざまな制御が行われている。今回は、その代表例である誤り制御方式について詳しく解明する。また、こうした通信の品質制御を体系化したQoSと、これによって実用的なサービスを実現したVoIPの仕組みをわかりやすく解説していく

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPN

TCP/IPでのカプセル化とVPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

第11回は、OSI参照モデルの時にも解説したTCP/IPに焦点を絞って、さらに詳しく見ていこう。インターネットやイントラネットなどで広く使われ、今や世界標準プロトコルとなったTCP/IP。その普及の要因を検証しつつ、その構造とカプセル化の仕組みをわかりやすく図解する。また、これまで学んできたOSI参照モデルと照らし合わせながら、各層での情報の流れも理解しておこう。そして、TCP/IPのカプセル化技術を応用したVPN構築のメカニズムや、それを実現するVPN専用機などについても紹介する。

TCP/IP最下層と最新ADSL

TCP/IP最下層と最新ADSL

TCP/IP最下層と最新ADSLのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

TCP/IPの中で最も下位に位置するネットワークインターフェース層をフォーカスする。この層の代表的なプロトコルである、ダイヤルアップIP接続に用いられるPPPやLAN接続で用いられるEthernet、そして、ADSLで用いられるPPPoEなどについて詳しく解説しよう。また、すでに加入者数が600万人を超え爆発的な普及が進むADSLのさらなる高速化、広域化など、今後の進化や方向性をダブルスペクトラムADSL+、クアッドスペクトラムADSL+、ADSL2といったキーワードを中心に解説する。

TCPとUDPとストリーミング

TCPとUDPとストリーミング

TCPとUDPとストリーミングのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

TCP/IPにおけるトランスポート層の役割と、そこに位置する2つの代表的プロトコル、コネクション型のTCPとコネクションレス型のUDPについて、それぞれのプロトコル制御を担うヘッダーを検証しながら、特徴と機能を詳しく紹介する。また、高速性が優先される後者で通信品質を向上させるための、ストリーミング技術とHTTPトンネリング技術を解説し、音声/同画像のネットワーク経由配信やリアルタイム再生を支える、RTP・RTCPプロトコルやCDNネットワークなども紹介する。

RASとRADIUS認証

RASとRADIUS認証

RASとRADIUS認証のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

前回までは広域ネットワークやWANの種類、その必要性と技術を解説してきた。今回は、はじめにxDSL、CATV、FTTHなどWANに対するアクセス形態について整理しよう。そのうえで、FWAに代表される無線によるアクセスやアナログ専用サービス、HSD、DAなどの専用線によるアクセスを解説する。そして、こうしたアクセスの際に重要となるユーザー認証について、RADIUSを中心に機能や仕組みをわかりやすく説明していく。

LANとTV会議の要 SIPとH.323

LANとTV会議の要 SIPとH.323

LANとTV会議の要 SIPとH.323のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

前回ではWANについての復習と総まとめを行なった。今回からはLANについてあらためて整理していこう。第23回前半ではLANのメリット、プロトコルとして知られるイーサネットなどその定義と特長、また10GBASE-ER、10GBASE-SR、10GBASE-LX4など最新のLAN規格を解説する。そして後半ではLANの通信速度が高速化したことにより用いられるようになったマルチメディア情報の代表格、IP電話とテレビ会議システム、H.323、SIPなどマルチメディア通信の標準化技術についても細かく学んでいこう。

SSL-VPN

SSL-VPN

SSL-VPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

多くの企業が利用するWANサービス網の中で、仮想的に閉域網を構築し企業内での安全な通信を構築することが可能な各種VPNサービス。これまで設定の手間や運用管理の煩わしさが発生しやすいIpsecと呼ばれる方式を利用していたインターネットVPNから、Webブラウザに標準装備されている「SSL(Secure Socket Layer)」を利用してインターネットVPNを実現する方法が、今注目を集めている。今回は、SSLで実現するVPN「SSL-VPN」について、その基礎を中心にお伝えしていきたい。

SSL処理と高速化「アクセラレータ」

SSL処理と高速化「アクセラレータ」

SSL処理と高速化「アクセラレータ」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネットを利用した電子商取引などは、私たちの生活をより便利にしてくれるが、「盗聴」や「成りすまし」など、さまざまなリスクも問題となっている。これらの問題を解決するのが、公開鍵暗号システムをもとにしたSSL技術である。今回はSSLの基本的な仕組みと用途についてふれながら、SSLがウェブ環境で実現するHTTPS、CPUの負荷を大幅に削減するSSLアクセラレータなど、さらに詳しく掘り下げていく。

グループウエアでのP2P

グループウエアでのP2P

グループウエアでのP2Pのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネットの普及により、今やPCはひとり1台という時代になってきた。このような状況の中で、特化したサービスを提供するC/S(クライアントサーバー)コンピューティングというものが急速に普及してきている。今回はその基本概念と仕組み、C/Sコンピューティングと並んで意外な発展を果たしたP2P(ピアツーピア)コンピューティング、P2Pコンピューティングを利用したグループウエアなどについて考察していきたい。

スパムを防げ!SMTP認証の基礎

スパムを防げ!SMTP認証の基礎

スパムを防げ!SMTP認証の基礎のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、今や幅広く活用されているインターネットに
必要不可欠なURLやドメイン名、IPアドレスのしくみについて知識を深めていこう。またドメイン名とIPアドレスを変換するDNSや、情報保持を行うDNSサーバー、ユーザーからの要求に応えて問題を解決するリゾルバなどについて解説する。さらにこれらの知識をふまえ、IP電話における電話番号とIPアドレスの関連をはじめ、IP電話を実現するSIPやプロシキサーバー、リダイレクトサーバー、ロケーションサーバーについても理解していきたい。

TelnetとRASツール

TelnetとRASツール

TelnetとRASツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、手元のコンピュータを使って遠隔地にあるコンピュータや機器などを操作する、遠隔操作について詳しく学んでいこう。まず、TCP/IP環境における一般的なサービスであり、コマンドレベルの遠隔操作が可能なプロトコルのTelnetや、これを実現するDaemon、NVT、透過的サービスについて説明する。さらに、OS操作におけるインターフェースのCUIからGUIへの移行や、そのニーズに応えるリモートアクセスツールの機能と活用例についても理解していきたい。

SMTP認証

SMTP認証

SMTP認証の基礎のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

電子メールは、今や最も便利なコミュニケーションツールの1つとして幅広く利用されている。今回はその基本的メカニズムを、メーラーやメールサーバーの仕組みとともに詳しくみていこう。また、この電子メールシステムを実現するSMTPやPOP、IMAPをはじめ、Webブラウザのみで電子メールのやりとりができるWebメールについて解説する。さらに、なりすましユーザーを防止するPOP before SMTPやSMTP認証、通信途中の盗聴を防ぐAPOPについても理解していきたい。

Push-to-Talk

Push-to-Talk

Push-to-Talkのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「Push-to-Talk」。携帯電話の次期サービスとして大いに期待されており、あなたの携帯電話をトランシーバに変身させます。さて、あなたならどんな利用法を思いつきますか?

RFID(Radio Frequency-Identification)

RFID

RFIDのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「RFIDカード」。ゴマ粒サイズのICチップに代表されるような、無線通信を用いたデータ交信で自動認識を行う技術が、日常のあらゆるシーンで、ありとあらゆるものを媒介に、ビジネスシーンまでをも変革させる可能性を秘めているというお話です。

RENA(Resonant communication Network Architecture)

RENA

RENAのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは次世代ネットワークアークテクチャ「RENA」。これまでのインターネット通信とは何が違い、どういったメリットがあるのか?ネットワークにより仕事のスタイルが変わる!?というお話です。

RENA(Resonant communication Network Architecture)。それはNTTグループが総力を上げて研究・開発を進めている次世代ネットワークアーキテクチャだ。この構想が発表されたのは2002年11月。本格的なブロードバンド・ユビキタス環境の実現を目指して発表された、いわばNTT肝入りの構想である。

SoftEther (ソフトイーサ)

SoftEther (ソフトイーサ)

SoftEther (ソフトイーサ)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「SoftEther(ソフトイーサ)」。インターネットやLAN などを経由し、異なるコンピュータ間、またはネットワーク間をVPN接続できる画期的なトンネリングソフトです。現役の大学生が開発したという点でも関心を集めたこのソフトウエア、その注目の機能をご紹介します。

SOA(Service Oriented Architecture)

SOA(Service Oriented Architecture)

SOA(Service Oriented Architecture)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

SOA(Service Oriented Architecture)元年とも言うべき2004年から約2年が経過した今でも、SOAは依然としてIT業界を賑わしているホットなキーワードの1つである。ITベンダーの熱心な啓蒙活動もここに来て実を結びつつあり、今年度こそ、SOAに取り組みたいというユーザー企業も多いのではないだろうか。今回は2005年を振り返りつつ、2006年に注目すべきSOAのトレンドについて解説する。

PCログ監視ツール

PCログ監視ツール

PCログ監視ツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「個人情報保護法」の施行から約1年。同法律が施行されたのを機に、個人情報を取り扱う多くの企業は、情報漏洩対策に取り組んできた。しかしながら、それ以降も漏洩事件は減ってはいない。それはこれまでのセキュリティ対策が、外部からの侵入などへの対策を中心に強化されてきたからだろう。だが、情報漏洩事件の主な原因は、PCの盗難やデータの持ち出し、プリントアウトした紙情報の流出など、内部セキュリティによるものが多い。そこで今回は内部情報漏洩に高い抑止効果が期待されるPCログ監視ツールを紹介する。

RSS(RDF Site Summary)

RSS(RDF Site Summary)

RSS(RDF Site Summary)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「RSS(アールエスエス)」。情報収集が格段に早くなるビジネスマン最強の武器をあなたはもう使いこなしていますか?
ニュースサイトやブログを中心にRSSに対応したサイトが急増中だ。なぜ今、RSSが注目されているのかといえば、RSS対応ブラウザやRSSリーダーと呼ばれている専用ソフトを使うことで、RSS対応サイトから簡単に最新ニュースの見出しや記事リンク、番組情報、新製品情報、ブログの更新情報などを速やかに集めることができるからである。
 このRSSとは、ニュースサイトやブログなどの最新記事の概要を表現しているフォーマットのことで、基本情報を channelと呼ばれる要素に記述し、さらに channel 要素の中にはtitle、link、description、itemsなどの要素を含めることで実現している。

Sexy View

Sexy View

Sexy Viewのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマ「Sexy View(SymbOS/Yxes.A!ワーム)」は、SymbianOSを搭載した携帯電話に感染する悪質プログラム。モバイル版「ボットネット」が生まれてしまう可能性も危惧されている、極めて危険性の高いワームです!

132.runlevelコマンド 現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する

現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する

■-- 文法 --■

runlevel

   例)
    runlevel
     現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
runlevelコマンドは現在のランレベルと変更前のランレベルを表示コマンドです。
ランレベルとは、Linuxの動作モードを表し、Linuxではランレベルがいくつか
定義されていて、ランレベルを変更することによって Linuxの動作を変えることができます。
ちなみに起動時のデフォルトランレベルは、/etc/inittabに記述されており、
runlevelコマンドを実行する場合にはrootでなければなりません。

130.pstreeコマンド 動作中のプロセスをツリー形式に表示する

動作中のプロセスをツリー形式に表示する

■-- 文法 --■

pstree [オプション] [ プロセスID or ユーザ名 ]

   例)
    pstree
     動作中のプロセスをツリー形式に表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
動作中のプロセスをツリー形式に表示するコマンドです。
一般的にコマンドを実行すると、プログラムは処理を分岐(folk)して実行します。
このような時プロセスがどのように分岐して実行されているかを知るには
pstree を使用してプロセスをツリー状に表示させると容易に把握できます。

132.runlevelコマンド 現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する

現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する

■-- 文法 --■

runlevel

   例)
    runlevel
     現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
runlevelコマンドは現在のランレベルと変更前のランレベルを表示コマンドです。
ランレベルとは、Linuxの動作モードを表し、Linuxではランレベルがいくつか
定義されていて、ランレベルを変更することによって Linuxの動作を変えることができます。
ちなみに起動時のデフォルトランレベルは、/etc/inittabに記述されており、
runlevelコマンドを実行する場合にはrootでなければなりません。

133.telinitコマンド ランレベルを切り替える

ランレベルを切り替える

■-- 文法 --■

telinit [runlevel]

   例)
    runlevel▲5
     コピーや変換を行う(起動ディスクを作成する)
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
telinitコマンドはランレベルを切り替えるコマンドです。
telinitコマンドを実行するには設定したいランレベルを
引数として指定し、実行します。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.