UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > Linux用語集A-E IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux用語集A-E IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

Anonymous FTP

Anonymous FTP

Apache

Apache

  • "Apache"の詳細はこちら

.bash_profile

.bash_profile

bash

bash

  • "bash"の詳細はこちら

.bashrc

.bashrc

bashrc

bashrc

  • "bashrc"の詳細はこちら

BIOS

BIOS

  • "BIOS"の詳細はこちら

BSD(Berkeley Software Distribution)

BSD(Berkeley Software Distribution)

Debian GNU/Linux

Debian GNU/Linux

Disk Druid

Disk Druid

dmesg

dmesg

  • "dmesg"の詳細はこちら

DNS(Domain Name System)

DNS(Domain Name System)

DOS攻撃

DOS攻撃

Emacs

Emacs

  • "Emacs"の詳細はこちら

Enlightenment

Enlightenment

/etc

/etc

  • "/etc"の詳細はこちら

export

export

  • "export"の詳細はこちら

ext2

ext2

  • "ext2"の詳細はこちら

DNAメモリ

DNAメモリ

DNAメモリのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ITとはやや縁遠いバイオテクノロジーの分野で、なんとバクテリアにデータを保存する技術が開発されました。数千年経ってもデータが消えないという、夢のような記憶媒体のお話です。いつの日か、ストレージとしてバクテリアを持ち歩くという時代が来ないとも限りません!?

今回は、まずDNAのおさらいから始めよう。生物の遺伝情報を担うDNA(deoxyribonucleic acid:デオキシリボ核酸)は、デオキシリボース(糖)、リン酸、塩基(酸と対になって働く物質)から構成されている。塩基にはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4種類があり、これらの配列が遺伝情報、すなわちゲノムを形成する。つまり、生物固有の遺伝情報は、DNA配列の並び方によって決まってくるのである。

c.LINK

c.LINK

c.LINKのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

同軸ケーブルで250Mbpsを実現、ブロードバンドがまた一歩使いやすくなりました!。
c.LINKとは

c.LINKとは、エントロピック・コミュニケーションズ(Entropic Communications)社が開発したホームネットワーク用の超高速同軸ケーブル通信方式のこと。ここで同軸ケーブルとはテレビとアンテナを接続するときやCATVなどで使われているケーブルのことで、白いプラスチックの中心に銅線があり、外側は金属シールドで覆われている。

  • "c.LINK"の詳細はこちら

ERP(Enterprise Resource Plannning)

ERP(Enterprise Resource Plannning)

ERPのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

経理、販売、生産などのぎょうむにひるようなあらゆるデータを一元管理し、
企業全体の業務処理や情報の流れを最適化するコンセプトを言います。

一般的に中堅・中小企業向けERP製品はベンダーの戦略によって増えてきたと考えられている。

確かにそうした面もあるだろうが、実際には、大手企業で導入されて効果が出たものが、その間の機能追加やノウハウの蓄積によって品質や価格面での整備が進み、中堅・中小企業にも手が届くようになってきた、ベンダー側から見れば中堅・中小企業にも提供できるようになってきた、と見る方が現実的だろう。

中堅・中小企業向けERP

中堅・中小企業向けERP

中堅・中小企業向けERPのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ERPパッケージの市場動向は従来とは一変して明確に中堅・中小企業市場での動きが中心になっており、ERPパッケージの意義も、そのニュアンスを若干変えてきている

EIP構築ツール

EIP構築ツール

EIP構築ツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

IT全体を氷山にたとえると、海面上に見えている部分がEIPに相当すると言われています。つまり、膨大な情報の塊から有益情報だけを選んで目に見える形にしてくれる仕組みがEIPです。経営とITを結びつけるための最新ツールとして、今、EIP導入に踏み切る企業が増え始めています。

BPMツール

BPMツール

BPMツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

BPMと言っても、まだなかなかその定義や意味合いをきちんと説明できる人は少ないのが現状ではないでしょうか。ここではBPMの基礎知識と、その定義、EAIとの違いなどから「BPMとは」「BPMに求められる機能」そして導入事例を参考に「BPMの有効性」について紹介していきます。

ERPとは何か

ERPとは何か

ERPとは何かのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ERPを最初に適用するのは企業の会計業務からである場合が最も多い。中でも財務会計は企業により業務にそれほどの違いがなく、パッケージの機能を活用したスムーズな移行が図れるケースが多いという。今回はERP導入検討の際に最初に着手すべき会計業務にフォーカスして、導入の考え方とパッケージの選択ポイントを考えてみる。

BPMツール

BPMツール

BPMツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ビジネス環境の変化へのすばやい対応、業務スループットの向上、経営意思の迅速な反映……。企業間競争が激化する今日、情報システムに求められているのは変化に機敏に追随するスピードだ。BPMツールは、いわば変化に対応するための特効薬。EAIともワークフローツールとも違う、その実体を見てみよう。

ETL基礎入門

ETL基礎入門

ETL基礎入門のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業内に散在する複数のデータベースやアプリケーションから重要なデータだけを1箇所に集めて、もっと企業活動に役立てようとするデータウエアハウスの導入が進んでいるが、実際にこうした仕組みを実現するときに役立つツールがETLツールだ。ETLツールを使えば、複数のシステムから異なる種類のデータを抽出、変換、加工することが容易になる。 そこで今回はこの便利なETLツールを取り上げて、どうすればデータ移行の手間とコストを少しでも削減できるのか、その基礎知識と最新情報をお届けする。

CRMスイート

CRMスイート

CRMスイートのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

セールス、マーケティング、サービスのIT化を推進する中で、フロントオフィスの個別ソリューションとして始まったCRMは、現在CRMスイートとして進化中だ。一時期、CRM導入の失敗が数多くささやかれた時期もあったが、最近ではERPを中心としたバックオフィスの業務効率化以上に、フロントオフィス統合化による企業競争力の強化に多くの関心が集まっている。そこで、今回から2回に分けてCRMの最新事情をお届けする。今回はCRMスイートの「オペレーショナルCRM」、次回は「アナリティカルCRM&BI」にスポットを当てる。

二次世代へ突入するEAI

二次世代へ突入するEAI

二次世代へ突入するEAIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業内に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAI(Enterprise Application Integration)は、BPM(Business Process Management)機能の実装やサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応など、進化が著しく非常にキャッチアップが困難な技術の1つである。本稿では、EAIテクノロジーの変遷を振り返りながら、現状と今後を展望する。

CDN

CDN

CDNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ブロードバンドユーザーの数は、2002年4月現在で260万回線を突破した。この数を、単純にストリーミングメディアやVODを楽しめる"視聴者"だと計算すると、既にBSディジタル放送を越え、CS放送の加入世帯数に迫る勢いである。この勢いで通信メディアは放送メディアを追い越す日が来るのであろうか。ブロードバンド時代のコンテンツ配信を支える基盤技術となるCDNの現状と今後を徹底的に検証する。

  • "CDN"の詳細はこちら

OSI参照モデル概論とEDI

OSI参照モデル概論とEDI

OSI参照モデル概論とEDIのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「ネットワーク早わかり講座」も、はや7回目を迎え、いよいよOSI参照モデルとTCP/IPの解説をする時がきた。これはネットワークを理解するためには絶対に避けて通れない、最も重要なテーマの1つ。従って本講座では、数回にわけて各階層を詳しく解説していくことにしよう。今回は、プロトコルとその構造のおさらいをしたうえで、最も下位層に相当する物理層をとりあげる。わかりやすい例えをまじえてその本質を整理し、また、具体的なケースとしてWeb-EDIについても解説していく。

TCP/IP最下層と最新ADSL

TCP/IP最下層と最新ADSL

TCP/IP最下層と最新ADSLのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

TCP/IPの中で最も下位に位置するネットワークインターフェース層をフォーカスする。この層の代表的なプロトコルである、ダイヤルアップIP接続に用いられるPPPやLAN接続で用いられるEthernet、そして、ADSLで用いられるPPPoEなどについて詳しく解説しよう。また、すでに加入者数が600万人を超え爆発的な普及が進むADSLのさらなる高速化、広域化など、今後の進化や方向性をダブルスペクトラムADSL+、クアッドスペクトラムADSL+、ADSL2といったキーワードを中心に解説する。

LANの配線と「EAI」

LANの配線と「EAI」

LANの配線と「EAI」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

LANの定義とその規格の種類について紹介した。今回は、LANの基本構造について理解を深めるために、スター型やバス型、リング型など目的と用途に応じて使い分けられる「LANの配線形態」について詳しく図解しながら、その長短所を含めた特徴を解説していこう。また、後半では、異なるアプリケーション同士を効率よく連携させるための切り札として注目を集めている「EAI」について、その概略と基本構造を詳しく見ていきたい。

ADSLの基礎技術と最新拡張規格

ADSLの基礎技術と最新拡張規格

ADSLの基礎技術と最新拡張規格のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

過去数回にわたって紹介してきたADSL技術。最近では、最大50Mbpsの速度を持つeXtremeDSLなどの標準規格も登場し、ますます高速化に拍車がかかっている。そこで今回は、あらためてAnnex A、Annex B、Annex CなどのADSLの基本的な仕組みをわかりやすく解説し、ADSL2、ADSL+を含めた最新規格をまとめて紹介していきたい。また、オーバーラップやエコーキャンセラなどの技術についても理解を深めるべく、詳細に解説していく。

イーサネット専用線と広域イーサ

イーサネット専用線と広域イーサ

イーサネット専用線と広域イーサのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

新たに標準化された規格・10ギガビットイーサネット(10GbE)は、広く普及しているLANの次なるステップとして注目されている。この規格の代表的サービスとして、イーサネット専用線や広域イーサネット網がある。そこで今回は、10ギガビットイーサネット標準化の背景や、イーサネット専用線と広域イーサネット網における、それぞれの構成要素や実際のサービスなどについて理解を深めていきたい。

無線LANを支える「暗号と認証」技術

無線LANを支える「暗号と認証」技術

無線LANを支える「暗号と認証」技術のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークにおけるセキュリティは、どこまでも完全な対策が施されるものではない。しかし、情報システム部門としては、避けては通れない課題となっているのは間違いない。特に無線におけるセキュリティは、有線のセキュリティよりも厄介なものだ。そこで今回は、セキュリティの概念について触れながら、無線LANのセキュリティ技術であるESS-IDやMACアドレスフィルタリングなどの基本技術から、TKIP、 IEEE802.1x/EAP、WPAなどの最新技術を詳しく解説するので、無線LANセキュリティ技術をしっかりと理解してもらいたい。

発展期に突入するEIP

発展期に突入するEIP

発展期に突入するEIPのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業内の情報をWebブラウザ上に集約して表示し、さらにシングルサインオンやパーソナライゼーション、統合検索といった機能を提供するEIP(Enterprise Information Portal、以下EIP)は、従業員の情報活用を支援するための基盤製品として定着した感がある。本稿では、EIPの日本市場での実現状況を確認し、今後の方向性を展望したい。実は、筆者が「EIP」をテーマにキーマンズネットに登場するのは2回目になる。1回目は3年前の「EIPの市場動向と有効性」というインタビューであった。まずは当時のEIPに関する記述を振り返りつつ、日本におけるEIP市場の変遷を見ていこう。

新旧暗号方式DESとAES

新旧暗号方式DESとAES

新旧暗号方式DESとAESのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネットなどコンピュータネットワークの普及により、あらゆる情報を手軽にやり取りできるようになったが、その一方で情報や秘密の漏洩などのリスクも伴う。そのようなリスクを避けるために、情報を暗号化して送信する技術がある。今回は基本的な共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の知識をもとに、DES、トリプルDES、AESなどの種類がある共通鍵暗号方式にスポットを当てていく。特に最新のAESについては、Rijndael(ラインダール)方式やSPN型ブロック暗号などについて詳しくふれる。

DHCPの機能と役割

DHCPの機能と役割

DHCPの機能と役割のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、IPv4におけるアドレス資源の枯渇問題を解決するCIDRをはじめ、IPアドレスの有効利用が可能になるDHCPについて詳しく見ていこう。またDHCPのベースになったプロトコルであるBOOTP、DHCPサーバーとクライアント間でIPパケットのやり取りを行うブロードキャストやグローバルIPアドレスについて説明する。さらに、プロバイダとのやり取りを実現するPPPoEや、IPパケットを各々のPCに振り分けるIPマスカレードなどについても理解していこう。

IP電話の名前解決とDNSの仕組み

IP電話の名前解決とDNSの仕組み

IP電話の名前解決とDNSの仕組みのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、今や幅広く活用されているインターネットに必要不可欠なURLやドメイン名、IPアドレスのしくみについて知識を深めていこう。またドメイン名とIPアドレスを変換するDNSや、情報保持を行うDNSサーバー、ユーザーからの要求に応えて問題を解決するリゾルバなどについて解説する。さらにこれらの知識をふまえ、IP電話における電話番号とIPアドレスの関連をはじめ、IP電話を実現するSIPやプロシキサーバー、リダイレクトサーバー、ロケーションサーバーについても理解していきたい。

BREW(ブリュー)

BREW(ブリュー)

BREW(ブリュー)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「BREW」。携帯アプリを劇的に進化させることができるBREWの魅力について紹介します。BREWがもたらす新次元の携帯空間をさっそく覗いてみましょう

DHCPの機能と役割

DHCPの機能と役割

DHCPの機能と役割のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

IPv4におけるアドレス資源の枯渇問題を解決するCIDRをはじめ、IPアドレスの有効利用が可能になるDHCPについて詳しく見ていこう。またDHCPのベースになったプロトコルであるBOOTP、DHCPサーバーとクライアント間でIPパケットのやり取りを行うブロードキャストやグローバルIPアドレスについて説明する。さらに、プロバイダとのやり取りを実現するPPPoEや、IPパケットを各々のPCに振り分けるIPマスカレードなどについても理解していこう。

CMS

CMS

CMSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「資金運用管理サービス」のこと。これまでも資金運用の管理は各企業で行われてきたのだが、こうした各企業単位で行われてきた資金の管理、金融機関からの借入といった経営資源の運用を、グループ企業全体の視点から行う考え方をCMSという。

情報技術の進歩などを背景に、グループ全体での資金効率を高めることで、企業の競争力を強化することを目的としており、例えば、金融機関に対してCMSを利用してグループ企業全体として取引することで、個々の企業が単独で交渉する場合よりも取扱金額が大きくなることや信用面などから、より好条件での取引が期待されるといった効果がある。

  • "CMS"の詳細はこちら

eTRON

eTRON

eTRONのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「eTRON」。いつでもどこでも、誰もが自然にかつ安全に利用できる情報ネットワーク環境を構築しようというお話です。
eTRONの説明に入る前に、TRONを先に説明しておこう。カーナビや携帯電話などの組み込みOSとしておなじみのTRONは、1984年に東京大学の坂村健博士によって提案されたコンピューター仕様で、身の回りの環境にコンピューターが組み込まれた機器を遍在させ、それらをネットワークで結ぶ「どこでもコンピューター環境」の構築を目的に開発された。

  • "eTRON"の詳細はこちら

AES

AES

AESのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「AES」(Advanced Encryption Standard)。次世代の米国政府標準暗号であるAESはこれまでのDESと何が違い、どういった特徴があるのか。今後さまざまな情報の安全性を確保するために使われる暗号アルゴリズムのお話です。

DES(Data Encryption Standard)の後継として2000年にNIST(National Institure of Standards and Technology)が公募した暗号アルゴリズムの中から選定された次世代暗号がAESである。DESに比べ鍵長が長く、設計基準が公開されているなどの特徴がある。AESは米国政府標準暗号として米国政府向けのソフトウエア、ハードウエアを中心に徐々に搭載されていく予定だ。

  • "AES"の詳細はこちら

Cabir(カビール)

Cabir

Cabirのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「Cabir(カビール)」。遂に出現してしまった世界初の携帯電話ウイルスです。あなたの携帯電話は大丈夫ですか?

2004年6月、遂に携帯電話の世界にもコンピュータウイルスが登場した。その名も「Cabir」、日本語ではカビール、キャビルなどと呼ばれている。実際の感染画面に表示されるメッセージのスペルは「Caribe(ピラニアのこと)」となっているが、コンピュータウイルス対策会社では「Cabir」という名前で発表している。こういう不一致はウイルスの命名にはよくあることだ。

AR(強化現実)

AR(強化現実)

AR(強化現実)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「AR(強化現実)」。コンピュータで情報を補うことで、目に見える現実の事物への認識を助ける技術です。ヘッドマウント・ディスプレイなどの身につけられる機器上に、自分のいる位置や、見える景色に関連する情報が表示される…、そんな夢のような技術に関する研究が進められています。

Evil Twin

Evil Twin

Evil Twinのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「Evil Twin」。公衆無線LANサービスを利用するときは偽(ニセ)アクセスポイントにご注意を!というお話です。

Evil Twinとは、無線LANユーザーに対するセキュリティ脅威の1つで、偽のアクセスポイント(以下AP)を立ち上げて、そこにアクセスしてきた無線LANユーザーのパスワードやアカウント情報、クレジットカード番号といった個人情報や通信内容を盗み出す行為のことを指す。Evil Twinは、ニセメールを使い暗証番号やクレジットカード番号などを盗み出すフィッシング詐欺の無線LANバージョンとも言えることから、無線LANフィッシング、アクセスポイントフィッシング、Wi-Fiフィッシング、またはWiフィッシングなどとも呼ばれている。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.