UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > Linux用語集F-J IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux用語集F-J IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

fdisk

fdisk

  • "fdisk"の詳細はこちら

FHS(File System Hierarchy Standard)

FHS(File System Hierarchy Standard)

file

file

  • "file"の詳細はこちら

find

find

  • "find"の詳細はこちら

FQDN(Fully Qualified Domain Name)

FQDN(Fully Qualified Domain Name)

fstab

fstab

  • "fstab"の詳細はこちら

FTP

FTP

  • "FTP"の詳細はこちら

GNOME

GNOME

  • "GNOME"の詳細はこちら

GNU(GNU's Not UNIX)

GNU(GNU's Not UNIX)

GPL

GPL

  • "GPL"の詳細はこちら

gzip

gzip

  • "gzip"の詳細はこちら

$HOME

$HOME

  • "$HOME"の詳細はこちら

/home

/home

  • "/home"の詳細はこちら

hosts

hosts

  • "hosts"の詳細はこちら

hosts.allow

hosts.allow

hosts.deny

hosts.deny

HTTP

HTTP

  • "HTTP"の詳細はこちら

ICMP

ICMP

  • "ICMP"の詳細はこちら

ifconfig

ifconfig

IGP

IGP

  • "IGP"の詳細はこちら

IGRP(Internet Gateway Routing Protocol)

IGRP(Internet Gateway Routing Protocol)

IMAP(Internet Massage Accece Protocol)

IMAP(Internet Massage Accece Protocol)

inetd

inetd

  • "inetd"の詳細はこちら

inetd.conf

inetd.conf

init

init

  • "init"の詳細はこちら

initrd(Inital ramdisk image)

initrd(Inital ramdisk image)

inittab

inittab

I/Oアドレス

I/Oアドレス

IP(Internet Protocol)

IP(Internet Protocol)

ipchains

ipchains

iptables

iptables

IPアドレス

IPアドレス

IPマスカレード

IPマスカレード

isapnptools

isapnptools

ISO(International Organization For Standardization)

ISO(International Organization For Standardization)

ISP(Internet Service Povider)

ISP(Internet Service Povider)

JPNIC

JPNIC

  • "JPNIC"の詳細はこちら

IA-64サーバー

IA-64サーバー

インターネット・ビジネスの需要拡大と共に、一般企業の間でも、従来の32ビットCPUがサポートするアドレス空間や演算処理能力を超えた、より高性能で信頼性の高いサーバーへの需要が高まりつつある。こうした中、インテルの64ビットCPU「Itanium2」を搭載したIA-64サーバー製品の出荷が始まり、新しい市場が立ち上がり始めている。そこで、今回はIA-64サーバーにスポットを当て、Itanium2の高並列演算などの特徴を示しながら、 IA-64サーバーの優れた信頼性や拡張性について紹介する。

IP-PBX

IP-PBX

IP-PBXのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

PBX(Private Branch eXchange:構内交換機)は古くから企業に導入され、少ない電話回線契約で多数の電話機を利用する内線システムを構成してきた。多数の拠点が点在する企業ではそれぞれの拠点にPBXを設置し、専用線でPBX同士を結び広域で内線網を構成する運用が続けられてきた。

PBXは、リレースイッチの塊のようなアナログPBXから内部でデジタル処理を行うデジタルPBXに切り替わるなどの変遷をたどりながら、1970年代から今日まで長く企業コミュニケーションの基盤であり続けてきた。そして90年代末からの日本でのVoIP(Voice over IP)の本格普及、2000年以降のIP-PBXの台頭により、従来からのPBXは転機を迎えることになった。

  • "IP-PBX"の詳細はこちら

振り返る「IPv4」理解する「IPv6」

振り返る「IPv4」理解する「IPv6」

振り返る「IPv4」理解する「IPv6」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターネット層とは

TCP/IPにおけるインターネット層(Internet layer)とは、OSI参照モデルにおけるネットワーク層に位置するプロトコル層だ。このためインターネット層は、そのままネットワーク層という名称で呼ばれることも多い。

インターネット層では、パケットを相手まで届けるための取り決めを行っている。

インターネット層とOSI参照モデルにおけるネットワーク層は、その定義において若干の相違が存在するが、ここでは同様の意味合いと理解して問題はないだろう。

なお、インターネット層における主な機能の内訳としては、アドレッシングとルーティング、さらには誤り制御などが挙げられる。また、本層に位置する代表的なプロトコルとしてIPの存在が挙げられるが、これについてもすでに説明している。

IPセントレックス

IPセントレックス

IPセントレックスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

去年は法人向けIP電話サービスの主役に一気に躍り出た「IPセントレックス」だが、過剰な期待感のせいか、そこにはいくつかの「大きな誤解」があると専門家の間では指摘されている(どんなケースでも通信費を半減できるとか、 PBXが要らなくなるなど)。そこで基礎講座では、IPセントレックスとはどんなサービスでどんなメリットがあり課題はどこにあるのか、その全体像を把握するための基礎知識をお届けする。

ICカード

ICカード

ICカードのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ICカードをめぐる環境がにぎやかになっている。特に昨今では、コンプライアンス対応や、金融業界のICカード採用、Suicaの普及など様々な要因が相まって顧客サービス、職域利用などさまざまな角度からICカードの利用が見込まれている。

キーマンズネットにおいても、セキュリティソリューションのツールとして紹介される例も多くあり、決して新しい技術ではないことは周知の通りである。そこで本稿では、コンシューマ市場、エンタープライズ市場の双方で黎明期を脱し、普及期に突入しつつあるICカードの現状と将来をみてみたい。

iBurst

iBurst

iBurstのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「iBurst」。IP電話や映像配信などブロードバンドならではの常時接続サービスを、いつでもどこでも利用できる無線通信で実現することで、自宅や屋外という場所にとらわれない利用シーンの実現が期待されています。

  • "iBurst"の詳細はこちら

i-foot

i-foot

i-footのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「i-foot」。搭乗歩行型ロボット「i-foot」は私たちにどんな未来をもたらしてくれるのでしょうか・・・

  • "i-foot"の詳細はこちら

GE-PON

GE-PON

GE-PONのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「GE-PON」。FTTHサービスをさらに高速化させることができるGE-PONの魅力について紹介します。この先ブロードバンドはどこまで速くなるのでしょうか?

GE-PON(ジーイーポン:Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)を簡単に説明すると、ギガビットのFTTHサービスを実現する技術のことだ。もう少し技術的に説明すれば、PON技術にギガビットイーサネット技術を取り込み、1Gbpsという超高速で光ファイバのアクセス区間通信を実現する技術となる。ここではGE-PONの基本を理解してもらうために、まずFTTHとPONの説明から始めよう。

  • "GE-PON"の詳細はこちら

IP-VPN

IP-VPN

IP-VPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

複数の拠点間を結ぶ通信ネットワークをインターネットやLANで一般的に使われるIP
に基づいて構築する手法の一つ。

  • "IP-VPN"の詳細はこちら

java開発

java開発

java開発のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

現在、 javaアプリケーションを開発するためのツールは、JDKと呼ばれるCUI(Character User Interface)ツールと、その他のGUI(Graphical User Interface)ツールがあります。GUIツールにはどんなメリットがあり、どんなポイントで製品を選べばいいのかを解説します。

HRM・人事管理システム

HRM・人事管理システム

HRM・人事管理システムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

不況が叫ばれて久しい昨今、年功序列の昇給昇格システムから成果貢献型の昇給昇格システムに切り替える企業も数多く出てきました。

「より成果が出せる人材=社歴の長い人材」ではないということに気づいてはいても、なかなかドラスティックな構造改革には踏み切れなかったが、この不況に後押しされ、踏み切らざる得ない状況に追い詰められた、またはそうなる前に一手打っておきたかった、という企業も多いことと思います。

そんな現状において求められるのはまさに「適材適所」の人材配置。限られた人材を「活かす」配置ができなければ企業の明日は開けません。ここでは「適材適所」を実現するための人材管理システムの選び方とは、そのチェックポイントとは何かについて紹介します。

ITIL

ITIL

ITILのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

コスト削減の大号令がかかる中、ユーザー部門へのサービスはより高いレベルを求められているのが現在の情報システム部門。全体コストの過半を占める運用管理コストを、サービスレベルとの間でどう折り合いをつけながら最適化していけばよいのか悩む技術者と経営者に、ITIL(IT Infrastructure Library)は合理的な解決の道筋を示すことができるだろうか。今回は、ITILのあらましと導入の道筋、さらに導入成功事例を紹介していく。

  • "ITIL"の詳細はこちら

フィルタリングソフト

フィルタリングソフト

フィルタリングソフトの基礎のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

元々、フィルタリングソフトはインターネットの有害情報から子供たちを守るために登場したものだが、今では教育現場以上に企業でもその導入が活発化してきた。これまで企業がフィルタリングソフトを導入するおもな理由は「従業員を監視する」ことにあったが、最近では「従業員を守る」「会社を守る」ために導入するケースも増え始めているという。そこで、今回は会社の危機管理にも役立つフィリタリングソフトにスポットを当て、EメールフィルタリングとWebフィルタリングに分けて、その基礎知識をお届けしよう。

公衆電話網とIP電話

公衆電話網とIP電話

公衆電話網とIP電話のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

IP電話による技術革新が話題の昨今だが、そもそもどのようなメカニズムで電話サービスが実現されてきたのかは案外知られていない。そこで今回は、電話サービスの変遷を振り返ってみよう。公衆電話交換網(PSTN)の基本構造である交換機と多重化装置、光ファイバ網によるデジタル通信ネットワークを確立したISDNと、それを実現するATMやSDHの技術、IP電話に不可欠な機器であるゲートウエイやゲートキーパーなどについて整理する。また、企業内でIP電話を導入しやすくするためのVoIPのシステム構成を解説していく。

「IPv4」と「IPv6」

「IPv4」と「IPv6」

「IPv4」と「IPv6」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

IPの動作についてはすでに説明をしているので、今回はIPヘッダーやその種類と機能について、少し掘り下げて学んでいくことにしよう。 さて、プロトコル体系とは、実は少しずつ仕様を変更しながら進化してきている。これは、当初決定したプロトコルが、その後のネットワークの利用形態の変化などにより、うまく機能しなくなったり、新たな問題が生じたことで、最適なものではなくなってしまうことがあるためだ。

IPネットワークの代表格であるインターネットにおいては、一部を除きIPのバーション4を用いている。これをIPv4と呼ぶ。 IPv4(Internet Protocol version 4)は1970年代に考案されたものだが、この仕様が広く公開されたことや、インターネットにおいての通信プロトコルとして採用されたこと、UNIXをはじめとする多くのOSに実装されたことなどを背景に、1980年代に入り急速に普及することとなった。

防壁「FW」と最上位層

防壁「FW」と最上位層

TCP/IPプロトコル層の最上位層であるアプリケーション層に焦点をあてる。メッセージを通信に適したコードに変換し、下位層を介して送信する仕組みを、電話の例を通して詳しく解説。また、そのアプリケーション層で利用されるプロトコル、HTTP・FTP・DHCP・Telnetの機能についてふれながら、これらプロトコルの入り口であるポート番号を管理・制御するためのツール「ファイアウオール」について、基本動作をおさえながらわかりやすく紹介していこう。

防壁「FW」と最上位層のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「HDLC」とWebサービス

「HDLC」とWebサービス

「HDLC」とWebサービスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

インターフェースの間で実際に正しいデータ通信を行うための伝送制御技術を今回は取り上げたい。回線制御、同期制御、誤り制御、データリンク制御などの制御によって構成される伝送制御の構成や、実際に行うための代表的な手順「ベーシック手順」「HDLC手順」「無手順」のメカニズムを詳しく見ていこう。また、最近注目を集めているWebサービスを取り上げ、XMLでの情報や、それを効率的にやり取りするプロトコルであるSOAPなどについて解説していく。

IP-VPN

IP-VPN

IP-VPNのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

通信料金の大幅値下げ、帯域の拡大・・・などなど、通信インフラの急変ぶりを背景にここ2年でWANの変更・導入を行った企業は全体の7割にのぼる(03年6月キーマンズネット調べ)。 中でもここ数年で急速に普及したのは新型WANの代表「IP-VPN」。しかし、激変するWANサービスという舞台の上で、広域イーサネットやインターネットVPNもその存在感を増しており、それぞれの特徴が見えにくくなってきたようだ。そこで、現在もっとも多くの実績を持ち、依然として「主役」であり続けるIP-VPNの魅力を再点検してみよう。

  • "IP-VPN"の詳細はこちら

LANとTV会議の要 SIPとH.323

LANとTV会議の要 SIPとH.323

LANとTV会議の要 SIPとH.323のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

前回ではWANについての復習と総まとめを行なった。今回からはLANについてあらためて整理していこう。第23回前半ではLANのメリット、プロトコルとして知られるイーサネットなどその定義と特長、また10GBASE-ER、10GBASE-SR、10GBASE-LX4など最新のLAN規格を解説する。そして後半ではLANの通信速度が高速化したことにより用いられるようになったマルチメディア情報の代表格、IP電話とテレビ会議システム、H.323、SIPなどマルチメディア通信の標準化技術についても細かく学んでいこう。

IP電話機

IP電話機

IP電話機のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

通信コストの削減策として注目を集め、いまや多くの企業で導入が進んでいる IP電話システム。外線はもとより、内線部分のフルIP化も広がり始め、従来型の使い方を踏襲したままIP電話機を導入している企業も少なくない。今回は、そんなIP電話機の最新トレンドを紹介しながら、見落としがちなIP電話機の特徴を詳しく見ていきたい。固定型や無線型、ソフトフォンなど、それぞれの特徴を把握した上での製品選定が必要となる。

IPセントレックス

IPセントレックス

IPセントレックスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

約3年前に大規模導入事例をひっさげセンセーショナルに表舞台に登場したIPセントレックス。それは企業のネットワークが音声系を含めてオールIP化される時代がいよいよ本格的に到来したことを感じさせた。それから様々な規模、形態での導入事例を重ねてきたIPセントレックスは今、PBX運用コスト削減のみならずモバイル連携やアプリケーション連携を実現し、「守り」のための活用から「攻め」のための活用が可能になってきた。今回は、これまでとは違った姿を見せている最新のIPセントレックス動向をお伝えしよう。

IPが果たす「LANとSANの融合」

IPが果たす「LANとSANの融合」

IPが果たす「LANとSANの融合」のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、LANが使っているプロトコルについて詳しく解説していきたい。IPプロトコルとLANプロトコルの役割の違いや、LANプロトコルがデータリンク層、物理層それぞれでどのような構造を持ち、機能しているのかを具体的に見ていく。また、LANやインターネットの普及によって発生した膨大な情報をデータベース化し、ネットワーク管理するシステムSAN(Storage Area Network)の基本的な知識と2つの方式(FC- SANとIP- SAN)の特長について概略を理解していこう。

無線・有線「LANの変換」と今

無線・有線「LANの変換」と今

無線・有線「LANの変換」と今のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

LANが現在の規格に至るまでの変化の推移を詳しく見てみよう。10BASE5、10BASE2から10BASE-T、10BASE-TXの登場まで、OSの主流がDOSからWindowsへと変化するにつれて、LANも高速化の必要が高まり、大きな進化を遂げている。それぞれの規格の基準を詳しく図説し、LANへの理解を一段と深めていきたい。さらに現在では、LANは無線化の時代へ突入している。無線LANの規格と伝送方式OFDMについて理解し、さらなる進化を続けるLANの新しい可能性についても考えてみたい。

解析 LANアナライザ

解析 LANアナライザ

解析 LANアナライザのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

現在では、テキストデータはもちろん、音声や映像などのマルチメディア情報もネットでやり取りされ、VoIPやビデオ会議も一般的となっている。そのため大容量のデータがLAN上を行き来し、トラフィック過剰などの問題も発生している。今回は、LAN上のトラブルを事前にキャッチし、問題解決を図るLANアナライザについて考えてみよう。基本的なLANアナライザのメカニズムからフレームのキャプチャリング、LAN全体の監視に役立つMIBスイッチや、遠隔地からの監視を実現するRMONプローブなど、最新情報まで含めて紹介する。

IP電話の方向性

IP電話の方向性

IP電話の方向性のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

IP電話の登場によって、音声とデータ通信の間の垣根がなくなる時代がやってきた。しかし、IP電話はまだ発展途上であり、その本来の姿は見せていない。本稿では、携帯電話やブロードバンドとともに、ITソリューションの新たな“商材”であるIP電話の可能性と今後の展望について考察する。

IP電話の名前解決とDNSの仕組み

IP電話の名前解決とDNSの仕組み

IP電話の名前解決とDNSの仕組みのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回は、今や幅広く活用されているインターネットに必要不可欠なURLやドメイン名、IPアドレスのしくみについて知識を深めていこう。またドメイン名とIPアドレスを変換するDNSや、情報保持を行うDNSサーバー、ユーザーからの要求に応えて問題を解決するリゾルバなどについて解説する。さらにこれらの知識をふまえ、IP電話における電話番号とIPアドレスの関連をはじめ、IP電話を実現するSIPやプロシキサーバー、リダイレクトサーバー、ロケーションサーバーについても理解していきたい。

IPセントレックス:基礎編

IPセントレックス:基礎編

IPセントレックス:基礎編のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

従来の企業の電話システムを一新するアウトソーシングサービスとして大きくクローズアップされたIPセントレックスだが、その後の普及状況は当初のイメージとは打って変わり、従来からのPBXを利用した内線通話システムを残しながらIP化を進めるいわば「併用型」が多くの企業に受け入れられている。

現実的な投資コストと削減可能なコストとのバランスを考慮した結果とみられるこの状況の背景を紹介しつつ、利用状況の変化やサービスの重点の移り変わりを見てみよう。応用編ではその中でコスト効果を最適にするための方策を考えていく。

GE-PON

GE-PON

GE-PONのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「GE-PON」。FTTHサービスをさらに高速化させることができるGE-PONの魅力について紹介します。この先ブロードバンドはどこまで速くなるのでしょうか?

  • "GE-PON"の詳細はこちら

HD DVD(High Definition DVD)

HD DVD(High Definition DVD)

HD DVD(High Definition DVD)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「HD DVD」。DVDの後継となる大容量光学ディスクの規格です。読み出し専用の片面2層で30GBの記憶容量を持つこの規格は、現行DVDとの高い互換性が最大の特長です。機器の開発やメディアの生産コストを低く抑えることができるため、普及が期待されています。

FW/VPNアプライアンス

FW/VPNアプライアンス

FW/VPNアプライアンスのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

不正アクセスや情報漏洩などの問題も増加しており、セキュリティの向上に対するニーズが高まっている。多くの企業ではファイアウオールを導入しているが、データの増加に伴うパフォーマンスの低下やメンテナンスの負担が顕在化しているのも事実だ。こうした中で注目を集め、導入が進んでいるのがvファイアウオール/VPNアプライアンス製品である。本稿では、こうしたファイアウオール/VPNアプライアンスの機能をおさらいするとともに、導入のメリットについてまとめることにする。

ITアウトソーシング市場

ITアウトソーシング市場

ITアウトソーシング市場の変貌のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「ITアウトソーシングに関する国内企業の実態調査」の結果から、ITアウトソーシングの利用・検討状況、そしてユーザーの期待事項を分析し、ITアウトソーシング市場の今後の行方を展望してみよう。

GMPLS

GMPLS

GMPLSのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「GMPLS(Generalized Multi Protocol Label Swithing)」。IPの制御技術を応用した光ネットワーク上のルーティング技術です。ネットワークの接続形態(=トポロジー)を判別し、ギガビット級の通信回線を自由に制御できるものとして大きな注目を集めてるGMPLSを早速ご紹介します。

GMPLSは、IPネットワークで用いられるパケット転送技術「MPLS」(=Multi Protocol Label Swithing)の概念を、「光波長」「光ファイバ」やノンパケットベースの通信回線である「SONET/SDH」(同期デジタルハイアラーキ=高速デジタル通信方式の国際規格)といった複数の異なるネットワークにも拡張、発展させたプロトコルである。

  • "GMPLS"の詳細はこちら

NFC

NFC

NFCのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「NFC(エヌエフシー)」。「非接触通信」の利用用途を広げる新しい通信規格です。これまでのプリペイドカード機能に加えどの様なことが出来るのかをご紹介します!

「NFC」とは、13.56MHz帯域の電波を使用した「近接型」無線通信の規格である。この通信規格のICチップを搭載している機器同士を10cm程度まで近づけると、双方が認識し、最大424kbpsで情報交換ができる。

  • "NFC"の詳細はこちら

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.