UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト > 用語集な?ほ IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク


プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

用語集な?ほ IT用語辞典 パソコン用語

スポンサードリンク

ブレードサーバ

ブレードサーバ

ブレードサーバのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ブレードサーバーとは、ブレード(Blade:刃物または刀身といった意味)のように薄くて細長い形状をしたサーバーのことを指します。広義に解釈すれば、ラックマウント型サーバーの中の1つのカテゴリという位置づけになりますが、現時点では、どこまで省スペースになったらブレードサーバーと呼ぶのかという厳密な定義はありません。

ブレードサーバーは2001年に初めて市場に登場して以来、データセンターなどに浸透し始めており、省スペース、低消費電力といったセールストークを武器にフロントエンドサーバー市場に入り込んでいるが、最近はアプリケーションサーバーのリプレースとしても、インフラの簡素化とシステムの安定稼働に役立つ新しい製品群として注目を集めるようになってきた。そこで、今回はブレードサーバーの基本機能とその導入メリット(複数サーバーの効果的な運用管理など)を紹介しながら、ブレードサーバーの魅力について探ってみよう。

業に導入されるサーバが増え続け、その管理コストと消費電力の増加が大きな課題として急浮上してきたことから、ブレードサーバに関心が集まるようになった。

最近では中小規模向けの製品も登場するようになり、その製品ラインナップも充実してきている。
しかし、ブレードサーバでは標準規格やデファクトスタンダードといったものが確立されておらず、製品選択で戸惑うケースも少なくない。

そこで、今回はブレードサーバにスポットを当て、その基礎知識からラックマウント型サーバとの違い、最新機能までを明確にしていく。
また、選び方ガイドでは、自社に合う製品選びのポイントを5つの視点でまとめているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

バックアップツール

バックアップツール

バックアップツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業システムの情報量・処理量・運用管理コストは増大の一途をたどっており、システムはそれによって生じる課題をサーバ統合、ストレージ統合、サーバ仮想化といった新技術で解決しようと進化している。

そこでなおざりにしてはいけないのがバックアップシステムだ。あなたの会社のバックアップツールはシステム進化に追随できているだろうか。運用管理負荷増大に歯止めをかける仕組みはあるだろうか。

最新のバックアップツールにはデータ量増大や運用管理負荷増大に対する答えがある。今回は企業向けバックアップツールを「解体」し、最新のシステム環境でどのように役立つのかを紹介していく。

ネットワークストレージ

ネットワークストレージ

ネットワークストレージのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークストレージの機能をおさらいしておくと、LANに接続するだけで、LAN上のほかのコンピュータの共有ドライブと同じようにWindowsのネットワークから利用可能となるストレージ、つまりHDDにLANボードと機能限定PCを追加したような製品である。このPC部分の機能次第で、ActiveDirectoryドメインを使った管理も可能になるわけだ。

また、少し前までは100BASE-T対応の製品が多く、ギガビットLAN対応となると製品が限定されていたのだが、今回ランクインした5製品はすべてギガビットLAN対応。「スイッチングハブやネットワークカードなどの周辺機器の値もこなれてきて、ギガビットLANへの移行が本格化しています」とヨドバシ・ドット・コム担当者の語る通り、ネットワークストレージもギガビットが基本の時代になってきている。

バックアップテープ

バックアップテープ

バックアップテープのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

SANなどのストレージネットワーク技術の発達で、バックアップもハードディスクが主流になりそうなイメージを持つが、実際の企業現場では、今もバックアップの主役はテープであり、その将来性には明るい材料が揃っている。例えば、テープ規格の最新ロードマップでは1巻あたりTBクラスのものが登場し、データ転送速度もハードディスクを上回る高い数値を達成している。

そこで今回は、テープのどんな特性が光ディスクやハードディスクよりも優れているのかを解説しながら、テープ規格とテープ装置の基本および最新情報を紹介していく。

フォールトトレラント・サーバー

フォールトトレラント・サーバー

フォールトトレラント・サーバーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

従来、フォールトトレラント(FT)サーバーといえば専用OSを搭載した高額製品が中心だったが、最近はIAサーバーベースの従来よりも低価格の製品化が急速に進んでおり、FTサーバー市場の裾野が広がりを見せ始めている。なぜなら、金融などの特定分野だけでなく、 WebサーバーやDBサーバーなどのあらゆる分野でFTサーバー特有の「無停止」が重要なファクタの1つになってきたからである。

そこで今回は、FTサーバーの必要性や特徴、仕組みなどを分かりやすく解説しながらIAサーバーベースのFTサーバーの最新トレンドを紹介する。

シリパラ・インターフェース

シリパラ・インターフェース

シリパラ・インターフェースのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマは「シリアル&パラレルインターフェース」。PCのインターフェース技術の変遷を俯瞰することで、近未来を見通すための知識をお届けする。「昔編」では、RS-232C、セントロニクス、SCSI-1、SCSI-2、GP-IBなどのPC誕生とともに繁栄したインターフェースを取り上げていく。

バックアップ運用

バックアップ運用

バックアップ運用のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

日々発生するデータを保全するためのバックアップ作業。以前はサーバーからSCSI経由で直接バックアップを実施するDASの運用が一般的だったが、最近ではネットワーク経由でディスクにバックアップを取ることが多くなっている。そこで、実際にネットワーク経由でバックアップを実施している企業の運用管理者に集まっていただき、日々の運用に関するバックアップ環境の状況を聞いた。

バイオ電池

バイオ電池

バイオ電池のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

人間が主に炭水化物から活動エネルギーを得ているのはご存知の通りだが、その炭水化物の代表ともいえるのが、ご飯やジャガイモに含まれるデンプンを分解したブドウ糖である。私たちは、このブドウ糖を分解(呼吸・燃焼)することでエネルギーを得て、筋肉を動かしたり、脳の活動を行ったりしている。

これとほぼ同じ仕組みで酵素を使って電力を得るのが、バイオ電池だ。CO2(二酸化炭素)の排出量が少なく希少元素を使わないので環境負荷の軽減が期待されるのはもちろんのこと、生物由来の物質だけで作ることができ、安全で廃棄物の問題もないなど、多くの利点を秘めた夢のエネルギーデバイスの1つである。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネットワークカメラとは?

ネットワークカメラとは、IPネットワークに直接接続できる動画撮影が可能なデジタルカメラのことで、「カメラ機能」とコンピュータとしての「サーバ機能」が一体化されている製品を指す。ネットワークカメラにはコンピュータ同様、個々にIPアドレスが割り当てられるようになっており、インターネットやLANを利用した遠隔カメラシステムを簡単に構築することができ、どこからでも映像を見たり、保存・管理したりすることが可能だ。

IPネットワーク上にはWebカメラとかライブカメラと呼ばれるカメラも存在するが、これらの用語については厳密な定義が存在しないことから多少の混乱がある。たとえば、USBなどのローカルインターフェースを使ってPCに接続できるカメラも広く普及している。これらのカメラで撮影した映像はWeb配信することが可能なのでWebカメラと呼ばれているが、ネットワークカメラはWebカメラの中の一形態に分類されるケースもある。

ブロードバンドルーター

ブロードバンドルーター

ブロードバンドルーターのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ブロードバンドの急速な普及に伴い、広く使われるようになったブロードバンドルーター。スループットの向上や付加機能の搭載など、高速化/高機能化とともに、低価格化も進んでいる。本来は家庭向けの製品であるため、企業ユースには足りない部分もあるが、このコストの低さは企業ユーザーにとっても魅力的だ。そこで今回は、ブロードバンド市場の動向や、注目の新機能などに焦点を当てて解説しよう。

フォールトトレラント・サーバー

フォールトトレラント・サーバー

フォールトトレラント・サーバーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。


従来、フォールトトレラント(FT)サーバーといえば専用OSを搭載した高額製品が中心だったが、最近は IAサーバー ベースの従来よりも低価格の製品化が急速に進んでおり、FTサーバー市場の裾野が広がりを見せ始めている。

なぜなら、金融などの特定分野だけでなく、WebサーバーやDBサーバーなどのあらゆる分野でFTサーバー特有の「無停止」が重要なファクタの1つになってきたからである。そこで今回は、FTサーバーの必要性や特徴、仕組みなどを分かりやすく解説しながらIAサーバーベースのFTサーバーの最新トレンドを紹介する。

国内ブロードバンドサービス市場

国内ブロードバンドサービス市場

国内ブロードバンドサービス市場のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

国内ブロードバンドサービス市場で、シェアの変化が起きている。市場全体の6割以上をしめるADSLの成長が鈍化する一方でFTTHは事業各社の積極的な販促活動と低価格化戦略により大きくシェアを伸ばしている。本稿では、変化の激しいADSLとFTTHの今後について展望する。

フューチャーキャストシステム

フューチャーキャストシステム

フューチャーキャストシステムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

フューチャーキャストシステムとは、愛・地球博の三井・東芝館に設置されている映像アトラクションで使われている世界初のエンターテインメント映像システムのこと。脚本:村井さだゆき、コンセプトデザイン:シド・ミード、音楽:千住 明、テーマソング:大貫妙子、プロダクトデザイン:小林誠・・・といった内外の一流スタッフが作り上げたフルCG映像ストーリー『グランオデッセイ』の中に来場者を出演させるために開発されたもので、あなたそっくりの登場人物が宇宙船船長役の加山雄三と共に、スペースチャイルドアドベンチャーというストーリーの中で活躍する様子を観客として楽しむことができる。

文書管理ツール

文書管理ツール

複合機との連携により、紙文書の電子化から文書の効率的な管理までを実現する 。
契約書や申込書などのビジネス上の文書が、適切な場所に適切な形で保管されているかどうかは、その企業の信頼性に関わる問題だ。ただし企業内にはさまざまな文書があり、また文書の保管場所も限られている。そのため、文書を古い文書の上に積み重ね、必要なときに直ぐに文書を取り出せない状態になり、その結果として、重要文書を紛失してしまうというケースもあるだろう。
 このような状況を克服できるのが、文書管理ツールだ。

パーソナルファイアウォール

パーソナルファイアウォール

パーソナルファイアウォールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

クライアント上にもファイアウオール対策

ハード一体型ファイアウォール

ハード一体型ファイアウォール

ハード一体型ファイアウォールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

セキュリティの第一歩はファイアウォールであり、どんな企業であってもネットワークを使用している企業では必須の製品となっています。このページではファイアウォールのひとつであるハード一体型ファイアウォールについて紹介します。

変更管理

変更管理

変更管理のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

トラブルはシステム変更の直後に頻発する。よりよいシステムにするための変更が、それまで安定的に稼働していたシステムのトラブル原因になることが少なくない。変更管理はシステムの安定稼働に不可欠な要件だ。しかし他の管理項目との緊密な連携がなければ絵に描いたモチ。今回は変更管理が運用管理全般のなかでどのような位置を占め、合理化のために何をなすべきなのかを、運用管理の方法論とともに考えてみよう。

バックアップテープ

バックアップテープ

バックアップテープのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

万が一システムがダウンしたときに、ビジネスを止めることなくいかにすばやく復旧できるかは、企業の社会的信用を左右する重要な問題とされ、バックアップの重要性が増している。また、日本版SOX法の施行や内部統制の必要性を背景に、アーカイブを目的としたデータの保存も必要とされるようになってきており、最終的なデータの保管先としてのテープの存在意義は変わっていない。

さらに、バックアップ対象となるデータの増加や、バックアップ統合が進んでいることを背景に、ドライブ単体のテープ装置よりも、テープの交換を自動化できるオートメーション製品に注目が集まっている。

バックアップの効率化

バックアップの効率化

バックアップの効率化のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

データの「バックアップ」は情報システムの信頼性と可用性を支える基本中の基本。しかしデータ量が増大するなかで、ポリシーのないバックアップは管理コストの増大を招くとともにストレージ容量と所要時間の際限のない増大に歯止めをかけることができない。ここでは、バックアップを効率化するための運用の仕方を含め、効率化するための方策を4つの切り口で紹介していく。

非接触型ICタグ

非接触型ICタグ

BSE問題や鳥インフルエンザなど食に対する安全性から、商品情報として付加される生産地情報などを利用したトレーサビリティの仕組みが取りざたされている。そのコア技術として注目を集めているものが、今回特集する「ICタグ」と呼ばれるものだ。現在は、さまざまな業界で実証実験が行われている状況で、未知数の部分も多いICタグだが、その基本的な仕組みとともに、今後利用が見込まれる業界や現状抱えている課題などをしっかりと学んでいただければ幸いだ。ICタグの中でも、特に無線技術を利用した非接触型のICタグを中心に解説していきたい。

ブロードバンド

ブロードバンド

ブロードバンドのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

企業で利用するインターネットアクセス回線。ADSLやFTTHなどが登場したことで、従来の専用線などの企業インフラはどう様変わりしているのだろうか。ベストエフォート型サービスが企業にもたらす影響を、従来の回線と比較しながら詳しく見ていこう。

バイオメトリクス認証

バイオメトリクス認証

バイオメトリクス認証のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

セキュリティを重視する施設への入退室や、情報システムへのログインなどの目的に指紋や顔、虹彩、掌形などの情報をもとに本人を認証するシステムが使われていることは、多くの方がご存知のことだろう。一部の機密性を要する施設への高額なバイオメトリクス認証装置の設置は、すでに数十年の実績をもっている。

しかし約2年前から特に指紋認証ツールの低価格化・小型化が進み、その他の生体情報を利用した認証ツールも比較的低価格で市販されはじめた。情報システムのセキュリティ向上や、インターネットなどを用いた各種決済の安全性確保が強く求められる今日、バイオメトリクスを応用した本人認証技術はどのように進歩しているのだろうか。また、今後はどのように変わっていくのか。今回はバイオメトリクス認証ツールの現状と今後とを紹介していく。

変復調のメカニズム

変復調のメカニズム

変復調のメカニズムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

前回学んだアナログ・デジタル伝送路。コンピュータは、"0"もしくは"1"で表現されるデジタル信号が基本だが、電話回線のようにアナログ信号でしか通信できない回線も未だに存在する。そこで第4回では、モデムを介した変調と復調の仕組みを取り上げ、その変復調の方式について解説する。あわせて、家庭にも急速に普及しつつある「無線LAN」の変復調について紹介し、その規格から具体的なサービスまで詳しく紹介。有線・無線両面からアナログ・デジタル信号の変復調について学んでいこう。

バイオメトリクス認証ツール

バイオメトリクス認証ツール

バイオメトリクス認証は、人体に備わる特徴を利用して本人認証を行うため、忘失、盗難、偽造のリスクが少ない、安全性の高い認証方法である。数年前から特に指紋認証ツールの低価格化・小型化が進み、その他の生体情報を利用した認証ツールも低価格で市販されている。 今回は、バイオメトリクス認証技術のなかでも、PCの起動やネットワークへのログインなどで用いられ始めている指紋認証技術にフォーカスし、その基本を解説していくことにする。

バイオメトリクス認証ツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

本人認証とワンタイムパスワード

本人認証とワンタイムパスワード

本人認証とワンタイムパスワードのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

ネット上における本人認証とその問題点について考えてみたい。IDやパスワードなどの情報漏れを防ぐためには、データの暗号化、電子署名やデジタル証明書などの方法があり、これらにはSSLという技術が用いられている。このSSLの根底を成す公開鍵暗号システムや、オプション機能であるクライアント認証について見てみよう。また、今後普及が予想されるバイオメトリクスという認証技術にもふれておきたい。さらに、チャレンジレスポンス型や同期型などがあるワンタイムパスワードの仕組みとメリットについても理解を深めよう。

パーソナルスパコン

パーソナルスパコン

パーソナルスパコンのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

「パーソナルスパコン」は、これまでゲームなどの3D処理やHD映像の再生支援に用いられてきたGPU(Graphics Processing Unit)を、複数搭載してスーパーコンピュータ並みの演算能力を通常のPC程のコンパクトなパッケージで実現する技術。60万円以内で、スパコンの圧倒的なパワーをあなたのデスクサイドに置くことができる時代になりそうです!

ブレードPC

ブレードPC

今回のテーマは「ブレードPC」。CPU、メモリやHDDも含めたPC本体をブレード状のボードに搭載し、マシンルームにて集中管理を可能にしたものです。社内からの情報漏えいの防止といったセキュリティ効果や、マシンルームへのクライアント集中による運用管理コストの低減などが期待されています。

ブレードPCのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

フラットスピーカー

フラットスピーカー

フラットスピーカーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「フラットスピーカー」。コイルを電気的に動かして空気を振動させる従来方式のスピーカーと違い、物の表面を音が伝わる「表面波」を利用して音を出す仕組みです。広範囲に音が均一に拡散し、音質がよりナチュラルになるといったメリットがあります。

ペーパーディスク

ペーパーディスク

ペーパーディスクのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ペーパーディスク」。光ディスクが紙になると一体どんな便利なことが起こるのでしょうか。環境保護に取り組んでいる企業の方々は特に必見!
ペーパーディスクとはブルーレイディスクの約半分が「紙」でできているディスクのこと。厳密にいうと、従来プラスチックが使われていた下層部分だけが紙素材に置き換えられており、ディスク全体の重量に対して51%以上が紙で占められている(紙化率)ディスクを指す。ソニーと凸版印刷が開発に成功し、2004年4月にODS(Optical Data Storage 2004:光ディスクの学会)で研究発表された。

複合機プリンター

複合機プリンター

複合機プリンターのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

一般的なオフィス環境に数多く導入されている複合機。内部にハードディスクも搭載され、WebブラウジングやJavaアプリケーションも動作するほど高機能化が進んでいる。単なるコピーやFAX・プリンタ機能にとどまらないネットワーク端末としての複合機だからこそ、使い方によってはセキュリティ対策をしっかりと考えておかないといけない。今回は、そんな複合機の持つセキュリティ機能に着目して、詳しく機能を見ていこう。

フラッシュメモリー

フラッシュメモリー

フラッシュメモリーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

2004年の市場規模は対前年比26%増の2100億ドルに到達する見通しの世界半導体市場。これらの市場を牽引するのは、まちがいなく携帯・デジカメに代表されるモバイル機器である。今回は、その最終製品であるモバイル機器の動向を見ながら、NAND型・NOR型のフラッシュメモリー市場とそのベンダーの動向を分析する。

ハイジャッカー

ハイジャッカー

ハイジャッカーのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ハイジャッカー」。ある日突然、ブラウザの操作があなたの思い通りにならなくなるという、実に不愉快なお話です。ブラウザを乗っ取られないための対策は万全ですか?

フィッシング(phishing)

フィッシング(phishing)

フィッシング(phishing)のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「フィッシング(phishing)」。本物そっくりの偽メールやサイトを使って、不特定多数のインターネットユーザーから個人情報などを盗み取るオンライン詐欺の一種です。手口が巧妙化し、深刻な被害が懸念されるため、企業レベル、個人レベルでの対策が必要です。

ポッドキャスティング

ポッドキャスティング

ポッドキャスティングのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ポッドキャスティング」。あなたも次世代のインターネットラジオに挑戦して、コストゼロで自分専用のラジオ局を開局してみませんか?

ボットネット

ボットネット

ボットネットのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ボットネット」。悪意のある攻撃者が作り出すネットワークのことで、あなたのパソコンも、知らぬ間にネットワークに組み込まれ、攻撃者の管理下に置かれているかもしれない・・・という恐ろしい話です。ボットネットの存在は、表面化しにくく、攻撃者を見つけ出すことはおろか、その規模や存在する国などの正確な把握ができていないため、今、最も危険視されています。

ブログ

ブログ

ブログのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ブログ」。芸能人も政治家も企業もすべてを巻き込んで人気急上昇中のブログ、あなたもその魅力に引き込まれてみませんか?
まず、ブログという言葉が誕生した経緯から説明しよう。ブログの語源はウェブログ(Weblog)にある。WeblogとはWebとlogからなる造語で、直訳するとウェブ日記のこと。インターネットが個人にも普及し始めた90年代後半あたりから、ウェブ上で自分の日記を公開するウェブログが増え始め、ウェブログ作成のための専用ツールも登場したことから、さらにそのユーザーは増えていった。

ペーパーディスク

ペーパーディスク

ペーパーディスクのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「ペーパーディスク」。光ディスクが紙になると一体どんな便利なことが起こるのでしょうか。環境保護に取り組んでいる企業の方々は特に必見!

ペーパーディスクとはブルーレイディスクの約半分が「紙」でできているディスクのこと。厳密にいうと、従来プラスチックが使われていた下層部分だけが紙素材に置き換えられており、ディスク全体の重量に対して51%以上が紙で占められている(紙化率)ディスクを指す。ソニーと凸版印刷が開発に成功し、2004年4月にODS(Optical Data Storage 2004:光ディスクの学会)で研究発表された。

ビデオ会議システム

ビデオ会議システム

ビデオ会議システムのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

テレビ越しに映像と音声をやり取りすることで、遠隔地とのリアルなコミュニケーションが実現できるビデオ会議システム。ISDN網が主流だったビデオ会議システムも、今ではIP化されたネットワークで利用されることが圧倒的に多くなっている。以前は音声飛びや画面落ちなど品質の安定しなかったビデオ会議だが、今では高品質を武器にさまざまな場面で利用されている。ビデオ会議の持つ利便性を、活用事例を交えながら詳しく見ていきたい。

プロジェクトマネジメントツール

プロジェクトマネジメントツール

プロジェクトマネジメントツールのもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

スピードアップ、品質向上、コストダウンが常に求められているのがソフトウエア開発の現場。しかしこの3つの要求はトレードオフになることがほとんどだ。バランスを欠いた開発プロジェクトは、予算超過やサービス開始の遅れ、ユーザーの望むレベルに満たない成果物といった結果につながり、プロジェクトは失敗の烙印を押されてしまう。失敗プロジェクトを予防し、適時に、望まれる品質の成果物を、最適なコストで作るためにはプロジェクトマネジメント(管理)は不可欠なものだ。今回は、特にソフトウエア開発プロジェクトに注目して、プロジェクトマネジメントの方法や基本用語を紹介し、ツールをどのように組み合わせて実施していけばよいかを考えてみよう。

バックアップ運用

バックアップ運用

バックアップ運用のもっと詳しい説明はこちらをクリックしてください。

日々発生するデータを保全するためのバックアップ作業。以前はサーバーからSCSI経由で直接バックアップを実施するDASの運用が一般的だったが、最近ではネットワーク経由でディスクにバックアップを取ることが多くなっている。そこで、実際にネットワーク経由でバックアップを実施している企業の運用管理者に集まっていただき、日々の運用に関するバックアップ環境の状況を聞いた。

UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト:当サイトについて

  • UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイトは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

Linux初心者向け

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語集

当サイトについて

Linux Information

mag2メルマガ

CentOS6.3サーバー

サイト内検索



[ 相互リンク ]

サーバー構築講座

  • 超初心者のためのLinuxサーバー構築講座
  • プロのLinuxサーバー管理者は、どうやって「Linux」という言葉すら知らない新人に
  • たった30日で現場の技術を教え込むのか・・・?その秘密を公開しています。
  • 興味ある方はいますぐクリック!!

格安ドメイン

執筆した本

スポンサードリンク

[ 広告について ]

[ 相互リンク ]

<>
copyright(c) 2004-2012 UNIX/Linuxコマンド Topics Linux初心者のためのサイト All Rights Reserved.